もうすぐ・・・2人目出産予定です^^


by kanaria0509
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

出産☆ドキュメント-vol.4

今週は雨続きでしたが今日は久々の快晴。太陽の光が気持ちの良い1日ですね。やっぱり晴れの日はいいなぁ。久々にゆっくり娘cyanと外をお散歩できました。

さてさて。かなりスローペースになってますがやっとvol.4に辿り着きました^^

**************************

2008年12月24日に初めての出産をした私。せっかくなので、出産までの経過を簡単にまとめてみました*

出産☆ドキュメント-vol.1はコチラから。
出産☆ドキュメント-vol.2はコチラから。
出産☆ドキュメント-vol.3はコチラから。
以下はvol.4です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
院長先生にぱちぱちっと会陰を切られ、いよいよクライマックス。出産だ-!!

胎児が出てくる瞬間。
テレビで馬や犬など動物の出産シーンを見たことが誰でも一度はあると思う。羊膜に包まれた大きなものがぬるんと出てくる出産シーン。胎児が最後の最後、出てくる時はあの映像のまんまの感触だった。あのテレビで見た出産シーンを思わず思い浮かべてしまったくらい、そのまんま「ぬるん」とした感じがした。
そして、その「ぬるん」の感触の直後、院長先生が両手をばっとかかげたその両手の中にあかちゃんがいた!生まれた-!!我が子を初めて見た瞬間、我が子とばちっと目が合ってびっくり。先生が「この子目が開いてるね-」と一言。チューブを娘の口にちゅっといれて飲み込んでしまっている羊水を吸い取る。その瞬間、ぎゃあーんと娘、産声をあげました。
産声をあげた娘を分娩台の上で横たわる私の胸の上にちょこんとおいてくれる。ちっちゃい、そしてふにゃふにゃで温かい。うまれたばかりの娘の肌は赤黒く、髪の毛は羊水で濡れてべったりちりちり。
その後、娘はお湯でさっと綺麗にしてもらい、夫と3人で分娩室で記念撮影。「出産時刻は20:59ですよ」と教えてもらう。キリのいい21:00にしといて欲しかったな-と内心思うが、まぁ言うのはやめといた。疲れてたし。

出産を終え、なんだか放心。
分娩台横のベッドで休ませてもらう。ベッドで横になり、ほぅっとひと息。あれ??夫がいない・・・と思ったらすぐ戻ってきた。手にコンビニの袋を持ってる。ぼぉっと見てたらその中からパンを取り出し、ものすごい勢いで食べ始める。夕食代わりに食べようと思って買ってきたものの手をつけられていなかったパンを部屋から取って来たらしい。「一口食べる?」とかっていう私への配慮も無く(笑)、無心で食べ続ける夫。パンを食べ終わり、同じくコンビニで買ってあったカゴメ野菜生活をごくごくっと飲み干し、人心地ついた夫。第一声は「なんか一気に食べたからお腹痛くなってきた・・・」

娘は洋服を着せてもらい、新生児ルームへ。
23:00過ぎ、夫帰宅。私は助産師さんに付き添ってもらい、個室にもどる。ベッドに横たわるとあっという間に眠ってしまった。

12月25日。
明け方5時過ぎに目が覚める。「最初にベッドから立ち上がる時はふらふらすることもあって危ないからナースコールで先に呼んでくださいね。付き添います」と言われていたので、ナースコールして部屋に来てもらう。出産後、初めてのお手洗い。ここのクリニックは各個室にお手洗いがついているのですぐそこ。なのにその「すぐそこ」まで歩くのがめちゃしんどかった。下半身は思うように動かないわ、お股は痛いわ。。切ったせいで痛いのか生んだことにより痛いのかよく分からなかったけど、とにかくズキズキ・・・
ナントカお手洗いをすませ、再び眠る。
7時頃起きて授乳室へ。さっそく授乳の練習。まだまだほとんど出ないし飲めない。
~出産直後で疲れていたのかそれとも興奮していたのか・・・この授乳室での初めての授乳の記憶がなぜかあんまり無い。印象的だったのは、他のあかちゃんに比べてとにかくうちの娘cyanはちっちゃかったこと。後、ちっちゃくて体力が無いのか、授乳の途中ですぐに寝ちゃう。「最初は片側5分づつね」と指導を受けてみんなその通りに授乳してさくさく終えて部屋に戻っていくのに、うちの娘cyanは、右の5分が終わった後に続けて左の5分を飲む体力が無い。なので、間に30分くらいの休憩が必要。看護婦さんに何度も「終わりましたか~??」と声をかけられ、ちょっと恥ずかしかった^^;;
この日、会社を1日休んだ夫がずっと一緒にいてくれた。

12月26日。
夫、今日は午前中のみお休み。朝クリニックに来てくれて12:00過ぎに会社へ。入れ違いで祖母と母親が来てくれる。今日から広いソファ付の個室に移動させてもらっていたのでちょうどよかった。私も娘cyanも元気な様子を見てとても喜んでくれる祖母と母親。娘cyanを抱っこしてもらって一緒に写真も撮ってもらう。きてくれてありがとう。15:00頃お別れ。

この日、初めての一晩中の母子同室。(それまでは昼間のみの母子同室だった。)
夜中、部屋を薄暗くしぼぉっと’Les Freres’CDを聞いた。妊娠中毎日聞いていたLes Freres。10ヶ月間の思い出がよみがえる。出産後初めてほっと一息ついた感じ。と同時に出産日である24日はもちろん25日も夫が夜までクリニックに一緒にいてくれたので、15:00頃祖母と母親が帰ってしまってから、なんだか妙に寂しい気持ちになっていた。
そんな気持ちを抱えながら、ふと娘cyanの寝ている新生児ベッド(可動式になっていて新生児ルームからベッドごと連れてきている)を見ていたら、眠っていると思っていた娘cyanは薄暗い部屋の中、大きな目を見開いてベッドで静かにじっとしていた。その大きく目を開いた顔が表情がなんだかとっても不安そうで心もとない感じで、見ていたらどっと泣けてきた。
2日前にお腹の中から出てきたばかりの娘cyan。「あぁ、私この子を生んだんだなぁ。この子、私のお腹から一生懸命出てきてくれたんだ・・・」そんな実感が初めて沸き出てきて、出産後初めて涙が出た。涙が出てきたと思ったら、無事生まれてきてくれた実感がうわっと吹き出てきてものすごく泣けた。久々にこんなに泣いたなぁと思うくらい、泣けた。(いま書いていてもその時の気持ちを思い出して泣けてきちゃうくらい)

出産した瞬間について「子どもの顔を見た瞬間に出産の痛みなんて忘れちゃった。今までの人生で一番幸せな瞬間だった」っていう言葉をこれまで何回か聞いた。「私もそんな風に感じるのかな」と実はちょっと期待していた。
が、実際出産してみて正直全くそのようには感じなかった。こんな痛いのもう二度と嫌だと思ったし、何より印象的だったのは生まれたてのあかちゃんって肌が赤黒くってしわくちゃで濡れていてけっこうグロテスク。ちょうど2年前に出産した妹に生まれたての姪っ子cyanの写真を見せてもらったことがあるんだけど「わ!こんななんだ!!」って内心びっくりした。あの写真を見て心積もりはできていたつもりだったんだけど、出産直後の自分の娘にも「わ!なんかグロテスク」と感じてしまった。妹に写真を見せてもらっていなかったらカナリの衝撃を受けたと思う。正直そのときはあんまり愛おしいとかかわいいとか感じなくて「私こんなんでだいじょうぶかな?母親にちゃんとなれるのかな」とすごく心配になった。
そんな出産だったけど、2日経ってやっと実感が沸いてきた。心から娘cyanを愛おしいと思う気持ちがやっと自然に沸いてきた。良かった。本当に良かった。(にぶいんかな、私。)

生まれてきてくれてありがとう。この子をずっとしっかり守っていこう。心から思った。
[PR]
by kanaria0509 | 2009-02-28 15:05 | *娘cyan