もうすぐ・・・2人目出産予定です^^


by kanaria0509
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:*旅*八重山諸島( 6 )

八重山諸島☆INDEX

2006年9月20日(水)~24日(日)。夫と八重山諸島へ4泊5日の旅♪

初めて訪れた八重山諸島。
小浜島を拠点に西表島・由布島へ。念願の西表島でのカヌーに感動*^^*
e0106098_2152312.jpg
[八重山諸島~旅1日目]
*今回の旅の拠点は 小浜島'YAMAHAリゾートはいむるぶし’。
 ~プライベートビーチやサンセット広場、西表島展望大浴場などがある広々-とした
   リゾートホテルで休日を満喫☆

[八重山諸島~旅2日目]
*西表島&由布島へ
 ~絶景!西表島のマリユドゥの滝&カンピレーの滝
 ~水牛車に乗って由布島へ

[八重山諸島~旅3日目]
*小浜島にて
 ~小浜島をレンタサイクルでぐるりん一周
 ~はいむるぶしプライベートビーチでシュノーケリング

[八重山諸島~旅4日目]
*再びの西表島。仲間川にてマングローブカヌーツアー
  ~樹齢400年、天然記念物に指定されているサキシマスオウノキ
 ~アマゾン川のような仲間川の風景

[八重山諸島~旅最終日]
*石垣島より大阪へ。あっというまだった5日間。
e0106098_2152312.jpg

[PR]
by kanaria0509 | 2007-02-03 21:46 | *旅*八重山諸島

八重山諸島~旅最終日

☆2006年9月24日(日) ~旅最終日

e0106098_2039379.jpg


あっという間に旅の最終日。
もっともっとゆっくり滞在したかったけど、西表島トレッキング、カヌー、シュノーケリングetc.今回の旅で 「これは絶対にやりたい」と思ってたことはひととおりできたのでよしとしよう。

今回は、小浜島を拠点として、4日間すべて小浜島に宿泊したけど、次回は、
初日:石垣島宿泊
2日目:西表島宿泊
3日目以降:小浜島宿泊、あと時間があれば竹富島にも1泊
くらいで日程を組むと、よりいろいろまわれるかなぁっと感じた。

・・・・が、JALの伊丹→石垣直行便はなくなるらしいですね。むむむむぅ、残念。

↓'ちゅらさん'で使われた’こはぐら荘’の車。
e0106098_20394693.jpg

[PR]
by kanaria0509 | 2007-02-02 20:40 | *旅*八重山諸島

八重山諸島~旅4日目

☆2006年9月23日(土) ~旅4日

西表島マングローブカヌーツアー(仲間川)へ。

今回の八重山の旅を通して、この日のカヌーツアーが最も 楽しかった&感動したヾ(〃^∇^)ノ

ツアーの主催元は、マリンレジャー金盛 さん
TEL 09808-5-5378

西表島大原港到着後、仲間川(ナカマガワ)カヌー昇降場 にてパドリング練習を少々。
その後、モータボートにて、上流6Km地点まで。 ここでカヌーに乗り換える。二人乗りカヌーをチョイス。

6Km地点から、上流9Km地点まで行き、そこで一旦休憩、 お弁当を食べる。
そして、帰りはカヌー昇降場までずっとカヌーで。これが9km。 よって、行き帰りで12kmカヌーを漕いだことになる。後から思うとすごい。

カヌーは、小回りがきくので、 「あ、そこもっと寄って間近で見てみたいなぁっ」とかそんなんできて楽しいワ。

マングローブをあんなに近距離でまじまじ見られること なんて、めったにないだろう。

そうそう。この日に学んだこと。
いままで『マングローブ』という木があるのかと思っていたが、 そうではなく、マングローブとは、
「海水と真水が混じり合い、さらに潮の満ち引きがある場所に棲み、その為に体の作りにある一定以上の工夫を持った植物」
全般を差す。代表的なものは オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、 だそう。
ほぇ~、知らんかった~。

↓カヌーに乗り込んでスタート!
e0106098_20293061.jpg


以下、仲間川で見たアンナコンナ。

↓サキシマスオウノキ
まるで森の神様のように大きな根をはりめぐらして、堂々と した風格さえ感じさせるような巨木。 樹齢400年で、天然記念物に指定されている。

e0106098_20302710.jpg

e0106098_2030369.jpg


↓日本一大きな蝶「オオゴマダラ」
黄金のさなぎから生れてくる。大変縁起の良い蝶で幸運を 招くといわれている
e0106098_2035774.jpg


↓サガリバナ
奄美大島以南に分布する常緑小高木 。
一夜だけ咲き朝には散り落ちるという幻の花サガリバナ 6月終わり頃から9月位まで咲くが、ピークは7月上旬の1週間 程度6月~8月頃に白色またはピンク色の花を夜8時頃から 咲かせて、翌朝には落下してしまう幻の花
e0106098_20371593.jpg

※この日は9月半ば過ぎなのになぜか咲いていた。 ガイドの方もびっくりしてました。
 ・・・と書いておきながら、この写真が本当に「サガリバナ」を撮ったものだったかちょっと不安になってきた。違ってても素人の間違いと・・ユルシテクダサイ。

↓'ジャックと豆の木'の「豆の木」のモデルになっていると言われる木
e0106098_20412585.jpg


↓名前忘れちゃったけど、この葉っぱの裏側は柔らかくっておしりをふくのに使われていたそう。結局試さなかったけど。。
e0106098_20463075.jpg


↓生生しい台風の傷あと。私たちが八重山諸島に行ったのは、台風13号が猛威を振るった直後。あちこちにその傷あとが残っていた。自然の力は恐ろしい。
e0106098_20484699.jpg


↓展望台から。まるでアマゾン川のようだと感じた仲間川の風景。
e0106098_2153860.jpg

e0106098_2154520.jpg


↓シダ植物の'種子'。初めて実物を見て感動。「理科の教科書と一緒だ~!」
e0106098_2123166.jpg


↓下流へ引き返す途中。上流に向かっているときには水の中だった干潟が引き潮により出現。
e0106098_2173583.jpg


↓川沿いのマングローブ
e0106098_2191713.jpg

e0106098_2192593.jpg

e0106098_2193216.jpg

e0106098_2193923.jpg

e0106098_2194865.jpg


カヌーで船着場まで戻る。
そして、西表島から小浜島へは、マリンレジャー金盛さんの モーターボートで送ってもらう。
初めて、小浜港ではなく、細崎港に入港。 細崎港は、小浜島の西端で西表島が目の前に見える港。 「ちゅらさん」でえりぃが「結婚しようね」と叫んだ桟橋が あれだよっ、と教えてもらうがちゅらさん見てないので、感慨が ない。残念だ。
e0106098_21155362.jpg



いったんお部屋へもどって着替えてから、レンタサイクルで 小浜島市街地へ。

夕食は、
いかにも地元、という風情の食堂でふーちゃんぷるとソーキソバを 食べる、おぃしーぃ。 オリオンビールも飲む。おぃしーぃ。ふぅ、満足満足。
e0106098_2117542.jpg

e0106098_2118112.jpg


お部屋に戻って、石垣島の特産品販売センターで買っておいた パパイヤを食べる。 これもまたおぃしーぃ。

ピナイサーラの滝・西表温泉・イダの浜・船浮~~ と西表島でまわりたいところは、まだまだたくさんある。 必ず、もう一度来ようと思う。

明日は旅の最終日。八重山諸島ともお別れ。
[PR]
by kanaria0509 | 2007-01-31 20:32 | *旅*八重山諸島

八重山諸島~旅3日目

☆2006年9月22日(金) ~旅3日目

この日は、1日小浜島で過ごす。

AM
レンタサイクルにて、小浜島内を散策。 小浜島は、周囲約17Km、人口は400人程度だそう。

~まわったところ~
・細崎海岸
・マングローブの浜
・展望台
・市街地

↓細崎海岸。見渡す限り、だ~れもいなかった。
e0106098_11425773.jpg


↓マングローブの浜
e0106098_11442356.jpg


↓マングローブの浜から展望台へ行く途中。かわいい馬が二頭。その辺の草を抜いてあげてみたら、もぐもぐっっと食べてくれました-☆
e0106098_1146736.jpg


↓展望台から。海の向こうに見えるのが西表島。
e0106098_11461342.jpg


↓展望台から。小浜島の風景。小浜島はびっくりするくらい素朴、島全体がこんな感じ。変に観光地化してしまわず、このままずっと残っていてほしい。
e0106098_1146273.jpg


↓展望台頂上にあった'ちゅらさんの碑'。
e0106098_11463436.jpg

島内ぐるっとまわって、宿泊先であるはいむるぶし帰着。

レンタサイクル返却し、ランドカーを借りる。

ランドカーとは。
はいむるぶしは敷地内でのみ利用可能な乗り物。運転してもOKなのは免許を持っている人のみで、はいむるぶしの敷地内でのみ利用可能。
こんな感じ↓でゴルフ場で見かけそな乗り物デスネ。
e0106098_1211318.jpg


PM
ビーチ沖のポイントでシュノーケリング。
台風明けだったので、海がにごっており透明度低し。 そして、台風13号が珊瑚礁に甚大な被害を与え、かなりの 珊瑚が死んでしまっていた。

こちらの方に聞いたところ、元通りの珊瑚礁になるまで、少なくとも 4~5年はかかるとのこと。
色とりどりのカラフルな珊瑚が失われてしまうなんてとても残念。 そして自然の力は 恐ろしいと改めて思った。

夕食前にランドカーを走らせ、'サンセットビーチ'にて夕日を眺める。
e0106098_11485855.jpg


夕食は、はいむるぶしレストランにて島野菜天ぷら。

夕食後、ランドカー走らせてプライベートビーチへ。 ビーチ付近は真っ暗で満天の星空が綺麗に見えた。
シュノーケリングやってた頃は曇り空だったので、星は無理かなあと思ってたので、思いのほか綺麗に見えてとてもうれしかった。

さぁ、明日は再び西表島へヾ(〃^∇^)ノ
[PR]
by kanaria0509 | 2007-01-28 11:50 | *旅*八重山諸島

八重山諸島~旅2日目

☆2006年9月21日(木) ~旅2日目

西表島と由布島をまわるツアーに参加。

ざっとした行程は、
===
○西表島上原港に到着。浦内川を舟にて上流の船着場まで。
○船着場で舟を降り、マリユドゥの滝、カンピレーの滝まで歩く。
 (往復で約2時間)
○星砂の浜へ。
○由布島へ。西表島から由布島への往復は水牛車。
○由布島を1時間程散策後、バスにて西表島大原港へ移動し、
 ツアー終了。
===

この日いちばん心に残ったのは、マリユドゥの滝/カンピレー の滝までの往復2時間のトレッキング。
あいにく曇り空で、時に小雨もぱらついたのだけど、 木々の中を歩くには、こんな天気だったのが幸いし、緑が雨露 に濡れて輝きをまし、そしてなんだか、森全体が雨の恵みで 生命力にあふれているように感じた。

ちなみに。
浦内川は西表島最大の川で、この浦内川河口から上流へ 約5kmの地点にあるのがカンビレーの滝。 カンビレーとは、島の方言で「神の座」を意味する。

そして、その下流にあるのが、マリユドゥの滝。マリユドゥ とは「丸く淀んだ」という意味で円を描くように水が落ちて いくから名づけられたそう。

どちらの滝もすばらしい。

ただ、マリユドゥの滝は、あまりに足を滑らせて滝壺に落ちて しまう人が続出してしまい、展望台からしか眺めることができ なくなっていた。展望台からではずいぶん遠く残念だった。

カンピレーの滝は、落差は少ないが、幅の広い雄大な滝。 わたしはこちらが特にお気に入り。


↓船からの風景。
e0106098_21353592.jpg


↓往復2時間かけてのトレッキング。
e0106098_21354511.jpg

e0106098_21371317.jpg

e0106098_21372640.jpg


↓マリユドゥの滝。展望台から。ここより近くには立ち入れないようになってしまった。残念。
e0106098_21394876.jpg


↓カンピレーの滝。「え??コレが滝??」という感じもするほど落差が少ない。しかし、幅の広い雄大な滝。
e0106098_21395851.jpg


↓カンピレーの滝を見た後、同じ道を折り返し。小雨がぱらつく中を歩く。森全体に生命力がみなぎっているのを感じた。
e0106098_21405691.jpg

e0106098_2141930.jpg


↓再び船に乗り込み'星砂の浜'へ。
e0106098_2144295.jpg

e0106098_21465215.jpg


↓'星砂の浜'の砂は、本当に星型だった!
e0106098_21491730.jpg


↓水牛車に乗って由布島へ。
e0106098_21505819.jpg

e0106098_2151639.jpg

e0106098_21512188.jpg


「水牛車に乗りたくて、多くの観光客がやってくる。水牛様・様です」と運転手(?)のおじさんは言っていた。'水牛車に乗る'っていう、この地域の人にとっては日常のひとこまであることを'きっと観光客にうける'と目をつけ、大々的にPRしたことが勝因だと思う。
e0106098_21513813.jpg

e0106098_2155524.jpg


琉球三味線の音色にのせて、'花'をうたってくれた。なんだかあまりの音色の美しさに涙が出そうだった。
e0106098_21555942.jpg


あっという間の1日でした。
[PR]
by kanaria0509 | 2007-01-27 23:58 | *旅*八重山諸島

八重山諸島~旅1日目

(ずいぶん前ですが)
2006年9月20日(水)~24日(日)、夫と八重山諸島へ4泊5日の旅。

☆2006年9月20日(水)~旅1日目
伊丹空港:8:15分発
石垣空港:10:50分着

石垣空港はびっくりするほどちっちゃかった。

石垣空港到着後、タクシーにて港の桟橋付近へ移動。
'石垣島特産品販売センター'の2階にある食堂で念願の八重山そばを食す。 が。。お店セレクトが悪かったのか、なんだかおいしくない。残念。

その後、アーケード街のお店を少し見てまわる。
夫、背中にでっかく『海人』と書いたじんべいを購入。
ワタシ、ピパーチ(香辛料)とちゃんぷるーの素を購入。

そうそう、じんべいを購入したお店で「なんだコレは(◎o◎ )?!」 というTシャツ発見。
『ゴーヤー(シャネル風)』って・・・・
e0106098_214951100.jpg



14:00石垣港発小浜行きの船に乗船。
うわぁ、海が綺麗。キラキラひかり輝いてる。感激☆★
e0106098_21513778.jpg


小浜港到着後、今回の旅の宿泊先である’YAMANAリゾートはいむるぶし' の送迎バスに乗り、目的地到着。

お部屋で少し休んでから、はいむるぶしを散策。
敷地がとても広く、プライベートビーチやサンセット広場、西表島展望 大浴場などがある。
さらにびっくりするのが、敷地内に『ふれあい牧場』というのがあり、 馬・ヤギ・うさぎ、さらに水牛までいる。ホントびっくり。
はいむるぶしの敷地内だけで充分一日遊べそう。
e0106098_21573649.jpg

e0106098_2158198.jpg

e0106098_2158849.jpg

e0106098_21592612.jpg

ちなみに、はいむるぶしとは、島の方言で『南に群れる星』を意味する。 すなわち、南十字星のことだそう。

この日、夕食は、
○夫:むるぶし焼バーベキュー
○ワタシ:海鮮バーベキュー
をセレクト。
海老とイカが新鮮でぷりぷりしてて、めちゃおいしかった。
e0106098_2211755.jpg

e0106098_22124100.jpg

なんやらかんやら、おしゃべりしながら食べてたら、あっという間に 2時間以上たっててびっくり。

そんなこんなで、八重山諸島の旅1日目はあっという間に過ぎていって しまった。

明日(9月21日)は、ずぅっとあこがれだった西表島に初上陸(≧∇≦*)
[PR]
by kanaria0509 | 2007-01-26 22:01 | *旅*八重山諸島