もうすぐ・・・2人目出産予定です^^


by kanaria0509
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0106098_2330059.jpg

2月は夫の誕生月。去年は神戸北野ホテルへプチ旅行にした(過去記事)のだけど、最近お出掛け続いてるので、今年は近場のお気に入りのお店でのんびりお食事しようということで、大阪・北摂にある黒毛和牛のお店’但馬屋(千里店)’へgo!

但馬屋 千里店。個室or半個室の落ちついた座敷席。和食器のセンス抜群&従業員さんの対応ものすごく良し!当然お肉はめちゃ旨。なので、いつもいつも行列のお店デス。


e0106098_15491972.jpg
予約は6名からの受付、平日17:00~22:30、土・日・祝16:00~22:30の営業。休日は開店と同時にほぼ満席。しかも17:00過ぎになると1時間以上待ちが普通。
私はいつも17時目処でお店に行く。そうするとだいたい18時前にお席につけるかな。すぐ近くにTUTAYAがあるので時間つぶしに良いかも


朝起きるとうっすら雪が積もっていたこの日。さむいさむい1日でした。近場でお食事で正解だったかも*^^*  さっっせっかくのバースディ、心ゆくまで食べましょう☆

e0106098_15512171.jpg

但馬屋に行くと必ず注文するお気に入りの'牛燻サラダ(左)'と、お店の方が「今日はナカナカはいらない特上がご用意できますのでよろしければぜひ!」と勧めてくださった'但馬塩たん(右)'。

牛燻サラダ、さっぱりみずみずしいお野菜&柚子ドレッシング&牛燻が相性ばっちり。
但馬塩たん、たんの特徴である歯ごたえがありながらも柔らかくなめらかな食感。うん、確かにこれは特上だワ。


e0106098_15462462.jpg
今回最もおいしいと感じたのが'但馬ロース'

厚いロースの表面を炭火でさっと軽くあぶっていただく。柔らかくって脂とろとろで激うま!

帰り道にも夫と「但馬ロース美味しかったね美味しかったね。次も絶対注文しようね!」とウキウキで思わずスキップしちゃいそうな勢いでその美味しさを回想^^☆


e0106098_15534331.jpg
塩でお味付けされたお肉を頂いた後はたれのお肉をがっつりと^^

このあたりで白ご飯が食べたくなってきてご飯(中)を2つ注文。
新米であろうピカピカ綺麗なご飯が運ばれてきた。やっぱりご飯があると食がすすむなぁ。


e0106098_15574541.jpg

野菜盛とキムチ盛も追加して。そろそろお腹いっぱいになってきたな-。

締めは、ビビンバ食べようと思ってたんだけどカナリ満腹だったので冷麺を1つ頼んで夫と分け分け。デザートに珈琲ゼリーを頂き、ごちそうさまでした☆

お腹ぱんぱん。「ちょっとは動かんとね」っと言うことで寒い中をお散歩がてらぶらぶら歩いて家路に。素敵な1日でした☆
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-27 22:24
前回日記の続き072.gif
*****************************
2月2日(土)・3日(日)、お友達と7人で伊勢&鳥羽へ1泊旅行
<INDEX>
1.おかげ横丁&伊勢神宮(過去記事)
2.戸田家【スーペリアスイートルーム&温泉】(過去記事)
3.戸田家【海の幸たっぷり☆の夕食】(過去記事)
4.鳥羽水族館&七越茶屋(←今回の記事はコチラ)
*****************************


e0106098_12435412.jpg
戸田家をチェックアウトし、どこに行こうかみんなで相談。
伊勢神宮(外宮)・パールロード・鳥羽水族館etc......色々候補がありつつも、あいにくの雨というお天気を考慮して行き先は鳥羽水族館に決定!


鳥羽水族館に到着。
この日の三重はとても寒く道路には積もった雪がちらほら。夜中にふってたのかな。そんな寒い寒い1日だったけど、水族館にはいったら一気に夏気分-♪♪
e0106098_16392071.jpg

発見したこと
大人数での水族館はめちゃ!楽しい。
小学生の頃の遠足気分のわくわく感をほうふつとさせる。
e0106098_16462750.jpg
photo by Wくん


e0106098_16542514.jpg
鳥羽水族館と言えばやっぱりラッコ。
学生の頃、北米大陸を3ヶ月くらいひとり旅してたことがあるのだけど、そのときアラスカで野生のラッコをみた。それをふと思い出した。

左奥で寝そべっているラッコ。ずっと寝そべってたんだけど、なんだか休日にTVの前でだらけているおじさんに見えてしょうがない・・


e0106098_12551931.jpg
ペンギンやペリカン、アシカなどなど色んなショーも開催。寒い中ちびっこ連れのご家族がたくさん集まってた。
ペンギンが集団でどやどやどやっと。ペリカンも目の前を通り過ぎる。


そんなこんなを楽しみ鳥羽水族館を後に。なんだか予想以上に思いっきり楽しんじゃった。
もうお昼過ぎ。そろそろお腹がすいたなあ( ̄-  ̄ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0106098_23255886.jpg
お昼は、鳥羽駅から徒歩約5分の場所にある'七越茶屋'へ。このお店は、今回都合がつかず旅行に来られなかったTちゃんのお勧め。

*七越茶屋:TEL:0599‐26‐3690


*伊勢うどん*
e0106098_23392079.jpg
麺は太め&やわらかめ。濃い色のおだしは甘みがある。
わたしは麺は固めが好きなので「あんまり好みじゃないかもだけど、せっかくの機会だし食べてみよう」と思ってTry。

食べた感想。柔らかい麺はもっちり感が独特でうどんとは違うもの食べてるよう、予想に反しカナリ好み。お味はお餅にちょっと近いような感じがした。甘みのあるおだしも好きな味で、とてもおいしく頂きました。

これは'伊勢うどん卵とじ'。


e0106098_23213034.jpg
*生牡蠣*
せっかく海のそばなので牡蠣を注文。生牡蠣にレモンをきゅっと搾って、うーんおいしすぎ。


*御福餅*
e0106098_23463323.jpg
わたしはその存在を知らなかった'御福餅'。
ん??なんか赤福にそっくり・・・・に見えるなぁ??
この日(2/3(日))は、赤福が営業を開始する直前。その影響もあるのかな。帰り道に寄ったおみやげものやさん。はいったときは山積みになっていた'御福餅'が、1台の観光バスと共にどやどやどやどやっとおじさま&おばさまが到着し、その後ふと見たらナント『完売しました』の張り紙。


集団の力ってオソロシイ( ̄  ̄!) 数人が買いだすと全員がこぞって買わなくちゃ心理になるのかしら。
「御福餅宅配で送って欲しい」と実家のご両親からのリクエストを受けていたIちゃん。先に御福餅手に持っておいてよかったね。ほんとによかったね。

e0106098_16152742.jpg




あっという間の2日間だったけど。みんなの元気な顔が見られて、久しぶりに集まったのに変わらない雰囲気でわいわいがやがや楽しめた充実した2日間。

みんなありがとう。また来年も楽しみだな
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-24 18:13
e0106098_19584728.jpg

e0106098_2152312.jpg

前回日記の続き072.gif
*****************************
2月2日(土)・3日(日)、お友達と7人で伊勢&鳥羽へ1泊旅行
<INDEX>
1.おかげ横丁&伊勢神宮(過去記事)
2.戸田家【スーペリアスイートルーム&温泉】(過去記事)
3.戸田家【海の幸たっぷり☆の夕食】(←今回の記事はコチラ)
*****************************


e0106098_2001241.jpg
お食事は、お部屋とは別の個室で。
まずはビールで乾杯068.gifビール瓶のラベルに伊勢海老が描かれていてびっくり(☆゜o゜)へぇ!!こんなのあるんだなぁ。


おいしそうなお料理がぞくぞくと運ばれてくる。わー見てるだけでほっぺたが落ちそう。
伊勢海老のお刺身(左の一番上)、ぷりっぷり新鮮で甘みがふんわり。舌の上でとろぉっととろけてしまいそうに柔らかい^^
e0106098_20164327.jpg



e0106098_20101652.jpg
しいたけに隠れてちょっと見えにくいですが、やわらかくって新鮮な松坂牛。じゅっと軽く焼いて頂きました。


e0106098_2083427.jpg
伊勢海老モチーフがどかんとくっついた器。ん??なんだろぅ??





蓋をあけてみると・・・わ(☆゜o゜)中にも伊勢海老が丸ごと一尾^^




こちらのパンと一緒に頂きマス。うふ。ちょっと洋風ね。伊勢海老の旨味がぎゅぎゅぎゅっと詰まったスープ、なんておいしいのでしょう。



e0106098_208445.jpg
こちらは釜飯。
「火が消えた後も20分ほど蒸らしますので、お声掛けするまであけないでくださいね」とのことで・・・早く食べたいけどガマンガマン。



「どうぞぉ、お召し上がりください」
わーい!ぱかっとあけるとふわぁっと香ばしいかおりの蒸気が立ち込める。よーく混ぜて混ぜて。おいしそうなおこげがいっぱい。




お茶碗によそっていただきまーす。


e0106098_20181321.jpg
もうパンパンにお腹いっぱいだけど、でもデザートははいっちゃう。
ムースとフルーツで口の中もさっぱり*^^*


お夕食の後は、再び温泉へ。今度は1階の大浴場へgo!
お風呂の後は男性陣のお部屋に集まって二次会!ビール&梅酒で乾杯068.gif
お菓子もいっぱい用意して、なんやかんやで夜中2時前までみんなでおしゃべりおしゃべり。さすがに眠たくなってきたので解散。。。お部屋にもどっておやすみなさーい。


朝、またまたお風呂へ。気持ちの良い風とあたたかいお湯ですっきりさっぱり目が覚める。

e0106098_20242333.jpg
朝食のお写真もチョコットだけ。寝不足食べ過ぎの体に湯豆腐が心地よくしみる。


朝食後はお部屋でちょっとゆっくり。10;00にチェックアウト。うーん、お宿を満喫で大満足!

それではお次は。鳥羽水族館にむかってgo!
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-21 21:15
e0106098_1817355.jpg

e0106098_2152312.jpg

前回日記の続き072.gif
2月2日(土)・3日(日)、お友達と7人で伊勢&鳥羽へ1泊旅行。
おかげ横丁と伊勢神宮をまわり(過去記事)、本日のお宿'戸田家'に到着。
'戸田家'は『プロが選ぶホテル旅館100選』に毎年上位ランクインするお宿。カナリ期待が膨らむ膨らむ(*´∀`*ฺ)ノ

お部屋にはいってみると。わ-ひろい。部屋が3つもあってしかも窓からは美しい鳥羽湾が一望できる。わ(☆゜o゜)すごいすごーい。


e0106098_18151981.jpg
宿の予約は幹事のWくんがしてくれてたので知らなかったのだけど、今回宿泊したお部屋、なんとスーペリアスイートルームだったのデス。

お部屋の間取りと共にお写真公開するとこんな↓感じ^^!


戸田家 嬉春亭スーペリアスイートルーム
e0106098_1817427.jpg

このお部屋は女性4人で利用。4人でこんな広いお部屋なんて素敵だなっ
お隣の男性3人のお部屋もちょっと間取りは違ったけど同じくスーペリアスイートルーム!いやぁ、贅沢ですネ☆
ウェルカムデザートを頂きつつ館内の案内を聞いた後は、楽しみにしていた温泉へ。夕食前にゆっくり温泉つかりたくって、はやめの時間にcheck inしたの。
1階の大浴場の他、3階に24時間利用できる露天風呂と貸切風呂がある。3階のお風呂は景色を楽しめるよう海に隣接した露天になっているため、自然保護の目的で石鹸等が使用禁止。
4人で相談して「夕食前は露天であったまって、夕食後に1階の大浴場だったら石鹸使えるからそっちはいり行こう」ということに。let's Go!


e0106098_18222366.jpg
3階露天風呂へは履物を履き替え、屋外へ出て移動。木々に覆われ、風情のあるライトアップ。





少し歩くとまずは足湯処が見えてくる。







美しい緑につつまれのんびり足湯が楽しめる。

e0106098_1824153.jpg
その先の石段を数段のぼると・・・奥が露天風呂。


e0106098_18245137.jpg
#露天風呂のお写真は戸田家HPから拝借#
緑に囲まれた景色の中、ほっと体が温まる。
左奥の3つの鉄釜もお風呂なんだけど・・・なんだかなんとなくはいりづらいよなあ。みんなそう思うのか誰もはいってなかったよ。
こちらの露天風呂は24時間利用できる。すごい!


露天風呂の他、無料の貸切風呂がいくつか。貸切風呂は予約不可で6:00-24:00の間利用できる。

e0106098_1827770.jpg
夕食前の時間は、ほぼ全部使用中だったけど、朝イチ来て見たらほとんど全部あいてた。
すいてる時間をねらうとお好きなお風呂がチョイスできていいかも-。


お風呂でぽかぽかに温まり、さっっお待ちかねの夕食をいただきましょうか。



[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-17 16:45
e0106098_1865526.jpg
・・・2月2日(土)・3日(日)・・・
気がつけばもう出会ってから10年ほどになる仲間と三重県の伊勢&鳥羽へ1泊旅行。このメンバーで毎年1回旅行に行くようになって今回が5回目。    早いなあ、ほんとに早いなあ。
メンバーは全員で10名。うち3名は都合がつかず欠席だったので、7人でGo!

2日間のざっとした行程はこんな感じ
【1日目】
・伊勢のおかげ横丁&伊勢神宮(内宮)へ
・宿泊は『プロが選ぶホテル旅館100選』に毎年上位ランクインする'戸田家'
【2日目】
・鳥羽水族館へ

それでは1日目:伊勢のおかげ横丁&伊勢神宮(内宮)日記Start072.gif
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2月2日(土)
集まる7人は・・・大阪から4人・東京から2人・名古屋から1人と住まいがばらばら。こんな感じで合流。
大阪の4人はWくんの車で伊勢へ向かう。東京の2人は名古屋まで新幹線、そこから名古屋のAくんの車で伊勢に向かう。
伊勢の手前の『安農サービスエリア』で2台の車合流。わぁ。久しぶり!!!
合流後、まずは’おかげ横丁’へ。既に12時、お昼を食べようということで’すし久’へ。

**すし久**
e0106098_220352.jpg
「てこね寿し」や伊勢芋を使った「麦とろろ」など伊勢路の田舎料理が味わえるお店。




e0106098_2153993.jpg

こちら「てこね寿司」。
漁師さんが船上で漁の合間にすばやく魚をおろしてヅケにした刺身をご飯に混ぜ込んで食したのがそのルーツだそう。伊勢ではいたるところでこの「てこね寿司」のお店を見かけた。


e0106098_21532335.jpg

こちら「伊勢芋麦とろろ」。
おひつの中には麦ご飯。この麦ご飯にとろろをたっぷりかけて頂く。
とろろたっぷりで余ってしまうほど。でもせっかくなのでしっかり全部食べちゃった^^


**おかげ横丁**
お昼を食べ終わった後はおかげ横丁をぶらぶら。
伊勢神宮内宮の門前町「おはらい町」の中ほどに位置する「おかげ横丁」。江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築され、昔なつかしい街並みや地元の味が楽しめる場所。おかげ横丁での食べ歩きをカナリ楽しみしていた私。うーん、何から食べようかなっっと。
e0106098_2234883.jpg
まずは’(豚捨(ブタステ)’へ。このユニークな屋号は、牛肉にこだわって豚を捨てたことから名づけられたそう。
コロッケとミンチカツが店頭販売されていて、どっちにするかかなり迷ってミンチカツに。衣がさっくさくのアツアツ。中身はジューシーで激うま!


e0106098_22202969.jpg
次は、さつまいも餡のたい焼き。もっちりしていてこれまたおいしい。
豆腐ドーナツはおみやげに買って帰りたかったんだけど「本日中にお召し上がり下さい」だったために断念。
焼きたてのサンマ、脂のってて新鮮で美味デシタ。


e0106098_22331865.jpg
けん玉やおはじきなどの昔懐かしいおもちゃを売る店や招き猫を売る店。

おかげ横丁は、なんだかお祭り気分になれる場所。寒い2月の普通の土日にも関わらず、カナリの人出でにぎわってた。




e0106098_22301154.jpg


そうそう。2月6日に営業再開した赤福。
この日はまだcloseしてたのだけど、なぜか赤福本店の前では、張り紙(たぶん「2月6日から営業再開します」と書いてあるのだと思う)を携帯のカメラで写す方々が後を絶たない。
なんでだろ??ちょっと不思議だった。



**伊勢神宮 内宮**
e0106098_2332414.jpg
大学卒業まで名古屋に住んでいたのに伊勢に行くのは初めて。念願の伊勢神宮。
伊勢神宮には外宮(豊受大神宮)と内宮(皇大神宮)がある。
内宮には皇室のご祖神である天照大神がお祀りされており、外宮には天照大神のお食事を司る豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)がお祀りされている。
神宮参拝の順路は、まず外宮からというのが古来からの習わしではあるのだけど、この日は内宮から参拝。(ちなみに2日目に外宮に行こうと思っていたのだけどあいにくの雨だったので、外宮はまたいつかのお楽しみに)
2月の寒い時期にも関わらず、たくさんの人が参拝にこられていてびっくり。

◎式年遷宮(シキネンセングウ)
伊勢神宮では20年に一度、正殿・御垣内の建物全て・御装束神宝を新しくする遷宮(セングウ)が行われる。
第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、持統天皇4年(690)のとき。それから1300年続けられ、平成25年に第62回が予定されている。
神宮にとってこの遷宮(セングウ)は、永遠性を実現する大いなる営みでもあるのだそう。
e0106098_2365959.jpg

御正殿の横の「新御敷地(シンミシキチ)」。平成25年の遷宮の際にはここに正殿が建立される。1300年この営みがずっとずっと続いていることがすごい。


◎三種の神器『鏡・剣・玉』
現在、鏡(八咫鏡)は伊勢神宮に、剣(天叢雲剣)は熱田神宮に神体として奉斎され、玉(八尺瓊勾玉)は皇居に安置されているそう。
熱田神宮は私にとって、毎年初詣に行くとても身近な場所。そんな熱田神宮に三種の神器のひとつが奉斎されていると知ったときはびっくりした。


そんなこんなで伊勢をまわり。
さっ、そろそろ本日のお宿'戸田家'にむかいましょう。
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-15 23:26
e0106098_182565.jpg

☆2008年2月9日(土)
e0106098_11352082.jpg

山仲間との恒例月イチ登山。
2月は、前月に引き続き奈良県と三重県境にある三峰山(ミウネヤマ)へ。
(10月山会は’笠形山’へ)
(11月山会は’比良 八淵の滝’(過去記事)へ)
(12月山会は’加茂勢(かもせ)山~通称ポンンポン山’(過去記事)へ)
(1月山会は’三峰山(ミウネヤマ)’(過去記事)へ)

1月と同じ三峰山(ミウネヤマ)行きとなったのは。
ここ数日の寒さにより前回よりはるかに積雪と霧氷が増えていると期待できること。そして。
たとえ悪天候になっても先日の経験があるので比較的安心できるから、という山仲間Yさんのご提案から。

わたし自身は同じ山に2回登ったのは今回がはじめての経験。
なるほど2回目はルートがいちおう分かっている分ペース配分しやすく、何より精神的に安心でき、景色を楽しむ余裕があった。とは言え、同じ山でも季節や天候により見られる風景はがらっとかわる。そんな山の楽しさを実感できたのが今回の登山だった。

*******************

・・と。ではでは登山日記Start072.gif

家を朝7:00に出発。近鉄上本町駅8:15発-榛原(ハイバラ)駅9:05着。榛原駅9:15発の臨時バス『霧氷号』にて、登山口の御杖青少年旅行村へgo!

こちらが登山口から三峰山頂上までのルート。
前回は往路『不動滝ルート』・復路『登尾ルート』を利用したが、今回は往路・復路共に『不動滝ルート』利用。『登尾ルート』は階段が多かったため今回は利用せず。
e0106098_17281349.jpg



e0106098_17371044.jpg
1月には全く雪が無かった登山口。
この日はざくざく雪が積もってたため、ここでアイゼン装着。

さぁっ!行くぞっ。


e0106098_17395386.jpg
少し歩くと不動滝が見えてきた。

不動滝の手前にある5m程の鉄の橋には長い長いつらら。


e0106098_1741316.jpg
美しい雪化粧をほどこされた不動滝。

不動滝を越えるとその先のルートは一気にのぼる道が少しの間続く。


どんどん増えていく雪・雪・雪。


この日は1日中粉雪が舞い散るお天気で歩いている間にもどんどん雪が積もっていく。
e0106098_1748336.jpg

e0106098_17484187.jpg
山小屋に到着。
ここで休憩。少しだけ食事をしてから山頂・八丁平へ行き、再び山小屋に戻ってもう一度食事することに。
おにぎりひとつだけ食べる。
雪が積もり、しかも雪が舞い散る天候の中なのに、汗びっしょり。前回と同じく山小屋の影でさっと着替える。


ここから先はまさに雪の世界。初めて見るこの景色。なんだかファンタジー映画の一場面のようだと感じた。
e0106098_1756379.jpg

e0106098_1751227.jpg



e0106098_1863312.jpg
三峰山(ミウネヤマ)山頂に到着。
あたりは雪で真っ白。

この日はあいにくの天候で頂上からの見晴らしはいまひとつ、というか霧で何も見えず。残念ではあったけれど、その真っ白さが降り積もった雪とシンクロして、見事に本当に見事にどこをみても真っ白。

木々にどんどん積もっていく雪。こんもりと雪が積もった木の枝は、なんだか宮崎監督作品に出てくる架空の生き物に見えてきちゃう。


e0106098_1842271.jpg

八丁平に到着。見渡す限りの雪・雪・雪。念願の一面の雪景色だ-!!
e0106098_189962.jpg

ここにポツンと1人っきりで取り残されたら・・・どうしていいか分からないだろうなぁ、とふと想像したらものすごく恐怖を感じた。
それと同時に。
事故も多い雪山登山。それでも雪山に行きたいと思う。その気持ちがなんだか分かる気がしたりもした。

e0106098_1821979.jpg



e0106098_18214474.jpg
新雪の上にどかーんと倒れてみたり。



「ずぼっっ」っと足をうずめてみたり。

e0106098_18215641.jpg


なんやかんややっていたら、雪がけっこう激しくふってきた。うわぁ寒い。

山小屋へもどり、お昼ご飯の続きを食べ、一気に下山。
16:00発の霧氷号に乗り、榛原駅帰着。この後、榛原駅からタクシーで1メータのところにあるみはる温泉に行く予定だったが、街も雪のためか駅のタクシー乗り場には数人の列ができているのにタクシー来ず。バスもなかなか来ず。
温泉はあきらめ、駅近くの居酒屋さん『一松』でお疲れさま会。
お酒とおいしいお食事であったまって充実した1日はおしまい。

*******************


e0106098_18221341.jpg
この日は大阪市内に11年ぶりに雪が積もったという久々の寒い1日だったようで、我が家の最寄り駅を降りたらけっこう雪が積もっててびっくり。朝早くに家を出てたので、家の付近でも雪が降ってるなんて思わなかった。
家に帰る途中に通る公園、暗闇の中にでっかいゆきだるま(ん??どらえもん??)がそびえたってた。おおすごい!力作ね!


[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-10 19:34

高野山☆INDEX

e0106098_10374875.jpg
2007年10月28日(日)・29日(月)
夫とふたりで秋の高野山へ1泊2日のShort Trip
<インデックス>
e0106098_20153079.jpg1.奥の院
2.高野山名物’焼き餅’
3.金剛峰寺・壇上伽藍(ダンジョウガラン)
4.宿坊'普賢院'
5.精進料理-宿坊'普賢院'の夕食&朝食
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2007年12月22日(土)・23日(日)
夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip
<インデックス>
e0106098_20122782.jpg1.女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺
2.宿坊'一乗院'
3.精進料理-宿坊'一乗院'の夕食&朝食
4.阿字観体験-宿坊'一乗院'にて
5.霧に包まれた奥の院

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年5月23日(金)・24日(土)
夫&夫のおばあちゃん&夫のおかあさんと4人で春の高野山へ1泊2日のShort Tripe0106098_13343814.jpg
<インデックス>
1.宿坊'一乗院'-新館に泊まってみた-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年9月7日(日)・8日(月)
夫とふたりで初秋の高野山へ1泊2日のShort Trip
e0106098_13315821.jpg<インデックス>
1.宿坊'金剛三昧院'
e0106098_10374875.jpg

◆高野山MAPはコチラ
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-07 12:40 | *旅*高野山
2007年12月22日(土)・23日(日)夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif
前回日記(↓)の続き072.gif
1.高野山~女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺・奥の院(過去記事
2.高野山~宿坊'一乗院'(過去記事
3.高野山の精進料理-宿坊'一乗院'の夕食&朝食(過去記事)
4.阿字観体験-宿坊'一乗院'にて(過去記事)
e0106098_2152312.jpg


e0106098_0353148.jpg
宿を出発し、外へ出るとすごい霧。
昨日既に女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺・奥の院と一通りまわっていたため、今日は霊宝館に行くことに。
霊宝館は、高野山内の貴重な文化遺産を保存展観する施設として大正10年に建てられ、国宝21件・重要文化財139件を収蔵する。秋に訪れた際、時間をかけゆっくり見てまわった。

ふと。
「このものすごい濃霧の中、奥の院参道を歩いてみたいね」と思い立ち、目的地を変更。

一路奥の院を目指してgo!

(前回の奥の院日記はコチラ


霧に包まれた参道は思った以上に幻想的。ちょっと怖いくらいで、なんだか天狗がひゅっと出てきてもおかしくない雰囲気。
e0106098_0431916.jpg

参堂入口から約2km歩き、御廟橋(ゴビョウバシ)に到着。この奥に弘法大師御廟がある。


e0106098_0451723.jpg
さっきまでの霧が幻だったかと思うくらい、急に視界がひらける。ここから先は写真撮影禁止。







e0106098_046137.jpg






帰り道。再び濃霧に包まれる。
参道入口付近までもどると1m先も見えないほどの深い深い霧。不思議な天気だなぁ。



そんなこんなで、そろそろ帰りのバスに乗り込む時間。


e0106098_110545.jpg


e0106098_1112725.jpg
バスに乗り、ケーブルカー高野山駅到着。
2階に休憩できるスペースアリ。高野山の歴史なんかの資料が展示してあるため、時間があればぜひ立ち寄ってみたい処。

柿の葉寿司を食べながらケーブルカーを待つことに。


e0106098_21362048.jpg
時間が来た。ケーブルカーに乗り込み、いよいよ高野山ともお別れ。あっという間だなあ。

極楽橋駅でケーブルカー下車。南海電鉄の「特急こうや」にて大阪へもどる。
○○○おまけ1^^○○○○○○○○○○○○○○○○○○


e0106098_18372083.jpg
大阪到着後、その足で大阪市内に住む父方の祖父母宅へ。
お寿司とケーキを手土産に1日早いクリスマスパーティー。
去年のクリスマスも夫と一緒に祖父母宅へ行き、やっぱり4人でクリスマスパーティー。


去年「食べてくれるかなあ??」と不安な気持ちで持って行ったクリスマスケーキを「おいしいおいしい」ととても喜んでくれたので、今年も同じお店のケーキを持参。今年もとっても喜んでくれてうれしかった。


○○○おまけ2^^○○○○○○○○○○○○○○○○○○


e0106098_2324029.gif
こちらは宿坊'成福院'の庭。

8月終わりと2月初めにも高野山を訪れた夫。

2回とも'成福院'に宿泊したのだけど、たまたま同じ部屋だったため、お部屋の庭を同じアングルでパチリ。

夏には青々とした葉をつけていた木々。冬にはまる裸になってしかも雪まで積もってちょっと寒そう。

それにしても、雪の高野山は風情があるなぁ。
私も行きたいなぁ( ̄-  ̄ )


e0106098_2248824.jpg
雪が積もった伽藍の風景。

他の人の気配が無い中、積もった雪をぎしぎしっと踏みしめて歩いたら、楽しいだろうなぁ。


[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-06 22:52 | *旅*高野山
2007年12月22日(土)・23日(日)夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif
前回日記(↓)の続き072.gif
1.高野山~女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺・奥の院(過去記事
2.高野山~宿坊'一乗院'(過去記事
3.高野山の精進料理-宿坊'一乗院'の夕食&朝食(過去記事)
e0106098_2152312.jpg

e0106098_05717100.jpg
朝食後は事前に申し込んでおいた『阿字観』体験へgo!

阿字観とは自分自身と大日如来(宇宙)が一体となる密教の瞑想法。一乗院では宿泊者限定でこの阿字観の入門編が1000円/1名で体験できるのデス。
(一乗院『阿字観』体験の詳細はコチラ)



e0106098_0573348.jpg
広間に到着。
私たちの他、30歳前後くらいの女性2人組と年配のご夫婦がいらっしゃり、計6名で『阿字観』を体験。

説明を受けた後、部屋を暗くしてろうそくに灯りをともし、瞑想をはじめる。
今回私たちが体験したのは『阿字観』の入門編である『阿息観作法』。
目を閉じ、頭の中に宇宙をイメージしながら呼吸を整える。意識を集中する時、呼吸ってとても大切だ。


e0106098_058117.jpg

あっという間の1時間。今日教えてもらった呼吸法を思い出し、家でも時々やってみよう。
イライラしたとき気分が落ち着かないとき、気を静め、自分で自分の心をコントロールできるようになりたい。そんな思いで申し込んだ『阿字観』体験。
少しは精神統一できるように・・・なったかな。
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-05 20:14 | *旅*高野山
2007年12月22日(土)・23日(日)夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif
前回日記(↓)の続き072.gif
1.高野山~女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺・奥の院(過去記事
2.高野山~宿坊'一乗院'(過去記事
e0106098_2152312.jpg

お待ちかねの夕食。料理に定評のある一乗院の精進料理に期待が膨らむぞっ^^!
e0106098_23402990.jpg

お部屋に用意して頂いた精進料理。 わぁ☆すごい品数。豪華だなあ、どれから食べよう??
e0106098_2345732.jpg

上品なだしのお味と素材そのもののお味が引き立つ丁寧に丁寧に作られたお料理の数々。
おいしいなあ。


e0106098_23452165.jpg
「わ☆茶碗蒸しだ」
スプーンですくって食べてみたら・・違う、やまいもだ。
そっか。卵は精進料理では食べられないもんね。色々な工夫でお料理のバリエーションを広げているのだなぁ、と感心。

煮物。
もみじをかたどった生麩、たけのこ、そして'くわい'。
関西では見かけるくわい。私は、両親が関西出身だから小さい頃から知っていたが、福岡出身の夫は「食べたこと無い」と言う。名古屋でも殆ど見かけない。関西独特の食べ物なのかしら。
お正月、うちの実家のおせち料理のくわいを食べた妹のだんな様(香川出身)が、くわいのひゅっとのびた芽の部分を残してたのをふと思い出し、うちの夫(福岡出身)を見てみたら、同じように芽を残してた。わたしは芽も食べちゃうんだけどどうするものなんだろ??

天麩羅。
衣がさっくさっくでとてもおいしい。天麩羅までメニューにあるなんて、すごいなぁ。
揚げ物があるとお料理全体のバランスがきゅっと引き締まる。


17:30から食べ始めたので、ゆっくりゆっくり食べても、食べ終わりはまだ20:00。その後はお風呂に入りなおし、高野山の本をぱらぱらっと読んで22:00には就寝。う-ん健康的な生活だ。

e0106098_2152312.jpg

朝。6:00少し前に起床。
6:00から朝のおつとめに参加。本堂はしんしんと寒く、ガスストーブがしゅんしゅん燃えている。なんだかなつかしい匂い。
おつとめは30分少々で終わり。お部屋に戻るとお布団が片付けられており、夕食と同じくお部屋に朝食の準備をしてくださる。
e0106098_23454042.jpg




e0106098_23455698.jpg
お部屋で朝ごはんを食べる、の図。ちなみに夕食も同じくこんな感じで頂いた。

部屋にぽつんと2人離れて向かい合って食べるお食事は、なんだか新鮮。
でも、この姿を見たら・・・きっとちょっと変な感じなんだろうなぁと思う。

ふと。
この台を何セットか持っていたら。家に大きなテーブルがなくってもお客様の人数に合わせておもてなしが出来るなあ、なんて思った。
お☆けっこういいアイデアかも。

朝食を終えた後は『阿字観』体験へ。


[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-03 22:08 | *旅*高野山