もうすぐ・・・2人目出産予定です^^


by kanaria0509
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:カフェ ( 12 ) タグの人気記事

AIDA with CAFE(大阪・江坂)

e0106098_19504849.jpg今日の雨はすごかったですね。

この雨のきっかけにこの週末は全国的に寒くなるとか・・・
インフルエンザも流行してますし、みなさん体調崩さないように気をつけてくださいね。

*********
11月最後の週末、名古屋に住む母親が私の出産準備のため、大阪まで来てくれました。

出産するクリニックの場所の確認の兼ねて、検診のため一緒にクリニックへ*
お腹の中でモゴモゴ動く胎児を診察室で一緒に見ました^^
わたしの通っているクリニックは4Dエコーがあるので、もうすぐ妊娠10ヶ月に入ろうかと言うこの時期になるとカナリ鮮明に胎児の顔なんかを観察することができる。毎回4Dエコー画像をプリントアウトした写真をもらうたびに「夫にそっくり!」って思うんだけど、いまいち誰も賛同してくれない^^;; 

この日、妊娠34週で胎児の推定体重は2300g!あれ??まだ出産予定日まで一ヶ月以上あるのにでかすぎない??とちょっと心配になったんだけど先生からは「経過順調ですよ。お腹の子も順調な大きさです。」とのコメントだったので、まぁ先生がそういうならあまり気にしなくても大丈夫そうデスネ。

検診後は、江坂の'東急ライブプラザブーミン'の2階にある『AIDA with CAFE』でLunch。

e0106098_2024071.jpg
わたしも母も「日替わりランチボックス」をチョイス。ランチボックスにお味噌汁がついて1,000円とナカナカお得。
あっさり薄味、栄養バランスも良く、満足度の高いランチでした^^


その後、買い物につきあってもらい、出産後に必要なものでまだ揃えられていなかったものを買い足す。はじめての出産なので、何がどれぐらいいるのか・・・分からないことばっかり。母はやっぱり頼りになります*
だいたいの準備は整い、ほっと安心。
既に2300gもあるお腹の子。なんか年内に生まれてきそうな気もなんとなくするんだよね。
[PR]
by kanaria0509 | 2008-12-05 20:10
前回日記の続き072.gif
9月19日(金)~23日(火・祝)、夫の実家福岡に帰省。
○9月20日(土)は博多在住のお友達家族に会いに(過去記事①)。
○9月21日(日)・22日(月)は夫の家族と共に下関に1泊2日のShortTrip!(過去記事②
e0106098_2152312.jpg
下関の唐戸市場を楽しんだ後は、昔ながらの古い街並みが美しいことで有名な城下町長府へ。長府で素敵な一軒家Cafeを見つけたのでご紹介^^
e0106098_853021.jpg

桂のさと
木々に囲まれた場所にポツンと建つ一軒家Cafe。

e0106098_941621.jpgお席は店内の他、テラスに3テーブル。50台くらいかなっと思われるご夫婦でお店をされていました。

テラスからそのままお庭に出られるようになっている。

e0106098_94265.jpg静かでほっとするひととき。風がとっても心地よい。

いちごスムージーとサンドイッチを頂きました*どちらも手づくりのやさしいお味。

e0106098_95067.jpg庭に出てみたら、青虫kunが一生懸命えっちらおっちら這っていた。がんばれ-^^!


この辺りにもう一度来ることはナカナカなさそうだけど・・・とっても心に残るCafe。いつかまた来られたらいいなぁ。

○桂のさと (かつらのさと)
TEL 0832-41-0200
住所 山口県下関市長府川端2-3-26
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日


[PR]
by kanaria0509 | 2008-10-11 22:29
e0106098_15454155.jpg高御位山に登った(過去記事)あと、鹿嶋神社の近くでかわいらしいcafeを発見。こちらでお茶することに。

ザッカ&ナチュラルカフェchaco

店内はcafeの他、壁一面に器や雑貨などがならぶ。作家さん手作りの一点モノを中心にchacoさんがセレクトしたものばかりだそう。

珈琲とプリンを注文し、待っている間に器や雑貨をあれこれながめる。手づくりの一点モノの食器やリネン素材の生活雑貨。お気に入りの作家さんを見つけ、ちょこっとづつ集めていったらたのしいだろうなっ。
e0106098_15464550.jpg


プリンはとろっとろのなめらかプリン。珈琲はほどよい酸味のきいた濃い目のお味でとってもお好みのモノ。どちらも大満足で頂きました。

周辺には他にも素朴で素敵なcafeがたくさんありそう。のんびりドライブしながら1日かけてcafeめぐりなんてのもいいかもっ☆

e0106098_1549073.jpg○ザッカ&ナチュラルカフェchaco

住所:兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀679-3
TEL:079-447-6331
営業時間:9:30~19:00(水曜定休日)
HP:コチラ


[PR]
by kanaria0509 | 2008-04-22 18:17
相楽園で紅葉を堪能(過去記事)した後は『お気軽健康 cafe あげは』へgo!
e0106098_23103851.jpg

JR元町駅から山側へ、トアロードをのぼったトコにある'あげは'は今年3月にオープンしたばかりのcafe。毎朝契約農家から届く野菜や玄米を使ったお料理の数々。太陽の光が降り注ぐ開放感たっぷりで清潔な店内。 うーん休日って感じ♬

ランチは『日替わりお昼ごはん』『季節のせいろ蒸しごはん』『カレー』の3種。この日は’季節のせいろ蒸しごはん’をチョイス。
e0106098_23113860.jpg

ほっくり仕上がった、野菜たっぷりのせいろ蒸し。
一食だけ体にいいものを食べたからって-当たり前だけど-すぐに体が変わるわけじゃない。でもこうして野菜そのものの甘みを感じられるお食事をすることで意識が少しづつでも高まっていく。そういうのって大切だと思うナ。


e0106098_23222847.jpg
**店内のお写真取れなかったので、あげはsanのHPから拝借シマシタ*^^***
北欧風で私の大好きな雰囲気の店内。


e0106098_23143325.jpg
ソースはごまだれとポン酢の2種。うーんどっちもおいしい*^^*


ご飯は繊維たっぷりの玄米orぷちぷち食感十穀米のいづれかをチョイス可。わたしは玄米で!


e0106098_2316354.jpg




豆乳プリン黒蜜きなこをセットで♬とろっとろのプリンと濃厚な甘みの黒蜜がベストマッチ。これはおいしすぎ^^!
せいろ蒸しごはん+デザート de 1,260円


体にやさしいお野菜と玄米のお料理。大阪市内だと里山カフェ(過去記事)やオーガニックトマト(過去記事)なんかがありますネ。
他にもいろいろ開拓しなくっちゃ!

ランチの後は元町界隈の雑貨店をぶらぶら*^^*
センスのいいお店が次から次へ。何も買わずにあれやこれや見てまわるだけでも本当に楽しい。こういうチマチマっとしたものを見て楽しむ感覚、男性にはきっと分からないだろうなぁ。

相楽園・cafe・雑貨屋さん巡り。。この日ご一緒したのは’うちごはんともだちごはんそとごはん’のゆうこさん。
ゆうこさん、神戸の街を知り尽くしてる??「kanakoさん きっとこんな感じのお店好きでしょう~??」と連れて行ってくださる雑貨屋さんがまさに私の好みのストライクゾーン。いやいや恐れ入ります。

彼女とは、ビジネススクールのクラスが一緒になったことで知り合った。
気を抜くと「ま、こんなもんでいいかな」っとついつい現状に甘んじてしまいそうな私の怠け心に・・・いつも心地よい刺激を与えてくれる大切なお友達。30代になってみていままで以上につくづく感じる。お友達って大切だ、と。

1日たっぷり神戸の街を満喫してますます神戸大好きに☆

e0106098_23282554.jpg
○お気軽健康cafe あげは
神戸市中央区中山手通2-4-8
TEL:078-321-2780
営業時間:11:00~22:00
ランチ:11:00~16:00
ディナー:17:00~21:30
定休日:無し
HP:コチラ



#12月3日(月)インフルエンザ予防接種無事完了!ひとまずホッ☆^^☆
#インフルエンザにかかりませんよぉに。
[PR]
by kanaria0509 | 2007-12-03 23:14
e0106098_17491169.jpg

久住高原を出発し、湯布院へ。
予定より早い時間についてしまったため’玉の湯’のティールームでお茶することに♪
湯布院を代表するお宿’玉の湯’。雑木林に囲まれた3000坪の庭園の中に15棟離れ家が点在する。部屋は全て独立していて檜の内風呂がついているのが特徴。
人気がありすぎて、ずいぶん早くからスケジューリングしないとナカナカ予約が取れないお宿なのです。
e0106098_17492269.jpg

一歩足を踏み入れると外の騒々しさを全く感じさせない、和の落ち着いた空気に包まれた空間が広がる。
e0106098_1752678.jpg

無造作なようでいて、手入れしつくされた木々。素晴らしい眺めです。
e0106098_17494122.jpg



玉の湯のティールーム’Nicol’へ。

e0106098_17593853.jpg
喉が渇いたのでアイス珈琲をチョイス。
そうそう、Nicolの珈琲は以前にこのblogでも紹介した(過去記事)’神戸にしむら珈琲店’のものなのです。
e0106098_17571813.jpg




このティールームの看板メニューは『アップルパイ』。
大人気のため、平日でもお昼前には完売してしまうそう。この日も既に売り切れでした。一度くらいは食べてみたいなぁ(〃ー〃)


木立に囲まれ、雑踏を逃れ、心からリラックスするひととき。
こんなお庭とサンルームが欲しいなぁ・・・・と。
e0106098_17553672.jpg



e0106098_1803115.jpg

いつか一度は泊まってみたいなあと思うものの、あまりにも有名すぎて何かこう「自分で見つけた」感に欠ける気がして、結局泊まったことのない’玉の湯’。
お値段もそこそこするし、もうちょっと年とってからでいいかな-。

ということで、本日のお宿’吉祥開運亭 無尽蔵 ’へむかいます(*´∀`)ノ゚.:。
[PR]
by kanaria0509 | 2007-09-24 18:29 | *旅*九州
e0106098_1155732.jpg

加古川初来訪の続き。
加古川名物「かつめし」を食した(過去記事)後は、加古川市民会館で’引田天功スーパーイリュージョンショー’を鑑賞。
~今回、加古川で集まることになったきっかけは天功さんのイリュージョンショーなのデス~
初めて観る、なま天功さん。年齢非好評だけど40代(?)50代(?)くらいらしい。独特の雰囲気とオーラに包まれたパワーを感じる人。
ショー全体は、先日の天功さんの大怪我の影響か難易度高いものがちょっと少なかったように思うけど、ダンスあり歌ありでエンターテイメント性が高く、なかなかよかった。

そうそう、その先日の大怪我。
剣が突き刺さる箱からの脱出マジックの際、失敗して右頬と肋骨を骨折。このとき、意識をなくしたまま、周囲が天功さんの異変に気がついてショーを止めるまで約30分間そのまま続けていたというから驚き。(本人はその間の記憶は全くないそう)
恐るべきプロ意識。彼女は人生そのものを’引田天功として’生きる決意と覚悟が完全に出来上がっているんだなぁ、と感じた。

んで、ショー鑑賞後、加古川駅前にある紅茶と英国菓子専門店チャッツワース
こちらのお店もかつめしと同じく加古川在住のお友達のセレクション。私は珈琲派で日常でも殆ど紅茶をいただかないので、紅茶専門店ってなんだかものすごーく新鮮。
紅茶に対するカナリのこだわりを持ったオーナーさんの経営するこのお店。オーナーさんの情熱が伝わってくる空間でした。

e0106098_11265196.jpg
紅茶初心者な私は、苦味・渋味が少なくて飲みやすいアプリコットティーをチョイス。
e0106098_1128884.jpg




暑い中歩き回って喉が渇いてた夫はアイスアールグレイティーをチョイス。



なんやかんやと長々おしゃべりしてから家路に。いやぁ、楽しかった。

##明日(8月26日(日))は所用にて、日帰りで東京へ。この暑さの中、私の体力は持つのだろうか??##
[PR]
by kanaria0509 | 2007-09-07 11:23
e0106098_20111585.jpg

千里中央駅を降りてすぐ、ショッピング街セルシーの地下1階にある和カフェ’古粋(koiki)’。

前回訪問時(過去記事)はcafe利用でしたが、5月3日(祝日)ランチタイムに訪れました。
この日のチョイスは『ろこもこ』。半熟とろとろ卵とふんわり玄米がおいしい。
玄米大好きで家でもよく食べてるけど、玄米をふんわり柔らかく炊くのって難しい。「多すぎるかな??」と心配なくらいの水加減で炊くとちょうどいい感じ。
それでもうまくいかないときも多いので、白米・玄米=1:1の割合にして白米のみのときよりチョコット多い目のお水で炊くのが簡単でお勧め。これだと炊き上がりがパサパサになっちゃうことはほとんど無いのでらくちん(〃ー〃)


e0106098_20175367.jpg
ランチは、’食前酢’つき。

     夫のチョイス『黒豆と枝豆の2種類のコロッケ ランチ』
e0106098_20203887.jpg



ランチを頂きながら、5月4日からの屋久島旅行の最終日程確認。あーでもないこーでもないっと夫と2人おしゃべりしながらの楽しいランチでした。

和カフェ’古粋’
住所:豊中市新千里東町1-5-2 セルシーB1F
TEL:06-6832-7515
営業時間:10:00~22:00(年中無休)


~次回からやっと屋久島旅行記にはいりマース。
[PR]
by kanaria0509 | 2007-05-13 20:32
e0106098_2133365.jpg
千里中央駅を降りてすぐ、'セルシー'というちょっとレトロな雰囲気のショッピング街。そのセルシーの地下1階に素敵なお店を見つけました。

『古材』を『粋』にしつらえた和の空間、
和カフェ’古粋(koiki)’

「7種の豆たっぷりのミネストローネ」や「玄米麺の明太子みぞれパスタ」、「黒豆コロッケ」などなど、こだわりの健康メニューがそろう。


以前にこのblogでも紹介した’里山カフェ(過去記事)’や’オーガニックトマト(過去記事)’と類似のコンセプトのcafeですね。

この日は夫と2人でカナリ遅めのランチにと訪れましたが、1人でぼぉっとゆっくり休みたいときにも最適なお店。仕事がはやく終わった日や、休日のお昼間にお気に入りの本を持ってまた来たい、そんなお店です。

e0106098_21384330.jpg



○ミネストローネと胚芽パンのセット
e0106098_21514167.jpg
ミネストローネには、ちゃーんとお豆とお野菜がごろごろたっぷりはいってました(@^∇^@)
このセット、確か500円でした。びっくりの安さ。スイーツメニューも充実してるのですが、総じてお安いのです。ココナッツ小豆しるこ450円、マンゴープリンのパフェ500円などなど。
コストパフォーマンス的にもとってもお勧めのお店デス。

和カフェ’古粋’
住所:豊中市新千里東町1-5-2 セルシーB1F
TEL:06-6832-7515
営業時間:10:00~22:00(年中無休)
[PR]
by kanaria0509 | 2007-04-27 21:46

e0106098_18575740.jpg1974年に日本発の会員制喫茶店として開店した’北野坂にしむら珈琲店
1995年の阪神大震災を期に一般の方に開放されるようになったそう。
数ある’にしむら珈琲店’の店舗の中でも「特別のにしむら」とされる。

ツタに覆われたレンガ造りの外観、重厚でアンティークな家具がそろう店内。会員制だったと聞けばなるほど納得。

神戸で一番お気に入りの喫茶店。そう、ここ北野坂にしむら珈琲店は'cafe'という響きは似合わない。あくまでも’喫茶店’なのである。



英国情緒あふれる店内に一歩足を踏み入れると、外の喧騒を忘れてしまう美しく優雅な空間が広がる。少し前に訪れた神戸北野ホテル(過去記事)と同じアンティーク調にまとめられたインテリア。
e0106098_20383549.jpg

e0106098_1975484.jpg



e0106098_1995854.jpg
オリジナルブレンド珈琲と焼き菓子を注文。
にしむら珈琲店の珈琲の特徴は、ほどよく効いた酸味。こんな深い味わいの珈琲、他ではなかなか出会えません。珈琲カップも素晴らしい。


e0106098_1911743.jpg
シュガーポット&ミルクポット。
こちらもアンティークな雰囲気がたまらない。
すべてにおいてインテリアセンスが行き届いている。だからこそ、こんなにゆったり優雅な気分に浸りきることができる空間となっているのでしょう。


e0106098_19125781.jpg
こちらはテーブルの上にトレーとして置かれている。使いこまれた感じに素敵さがいっそう際立ちます。


今回はCafe利用で訪れたので1階のお席でしたが、お料理を頂く場合は2階席の利用となります。2階もとっても素敵ですヨ。
e0106098_1985492.jpg

○北野坂にしむら珈琲店
住所:〒650-0003 神戸市中央区山本通2丁目1-20
    (JR三ノ宮駅から山側へ歩いて10分弱)
TEL:078-242-2467
営業時間:AM10:00~PM10:00
[PR]
by kanaria0509 | 2007-04-21 20:38
お休みの日のランチにちょくちょく利用している'里山カフェ'の2階に2006年秋にオープンした'オーガニックトマト'
里山ソルビバ農園の有機栽培トマトをつかった創作有機野菜料理の数々。
ずっと行こう行こうと思いながらなかなか足を運べていなかったのですが、3月10(土)、やぁっと初体験してキマシタ。

入り口。里山カフェと同じビル。里山カフェ入口のむかって右側にもうひとつ入口があり、そこがオーガニックトマトの入口。
e0106098_163394.jpg
e0106098_16314037.jpg


店内。このカウンターの他、4人掛けのテーブル席3つと大テーブルひとつ、窓際に別のカウンター席4席。里山カフェに比べるとちょっとせまいかな。
e0106098_16392046.jpg

里山カフェは、奥の窓際の席が建物の構造上壁に仕切られて細長くなってて(画像↓参照)、この空間が隠れ家的で落ち着いて大好きなのだけど、オーガニックトマトはこの空間がないのが残念。(これは以前行ったときに撮った里山カフェの画像)
e0106098_16412154.jpg

本日頂いたのは、ディリー(日替わり)プレート。「ああ、そうか、お野菜ってこんなに甘いんだよなあ」ってしみじみと感じた。
e0106098_16452914.jpg

スープにも、有機野菜がこんなごろごろと。ランチタイム、スープはセルフでお変わり自由。3杯も頂いてしまった。うふふふ。なんだか、体の中から毒素が出て、すっきり綺麗になった気がするワ(気のせい?)
e0106098_1647143.jpg


気になるオーガニックトマトのメニュー。他には、
○おすすめラタライス
オーガニックトマトの名物料理『ラタトゥイユ』をハーブ入りの玄米ごはんにかけて。
○玄米ライスグラタン
玄米ごはんに豆乳クリームソースをかけて。
○特製トマトソースパスタ
などがアリマス。'おすすめラタライス'とカナリ注文を迷って、今回は日替わりに。近々ラタライスにもぜひ挑戦したいものです。

食後の珈琲。とても大切な友達に『すごくよかったよぉ』と教えてもらった梨木香歩さんの『からくりからくさ』をじっくりゆっくり読みながら。休日、こんな風にのんびり過ごすひとりごはんの時間って本当に贅沢な時間だな、と思う。
e0106098_165583.jpg


~~~~
母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。
糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。
静かな、けれどたしかな実感に満ちて重ねられてゆく日々。やさしく硬質な結界。
だれかが孕む葛藤も、どこかでつながっている四人の思いも、すべてはこの結界と共にある。
心を持つ不思議な人形「りかさん」を真ん中にして──。
生命の連なりを支える絆を、深く心に伝える物語。 (裏表紙より)
~~~~

梨木香歩さんの本を読んだのは初めて。
「人はきっと、日常を生き抜くために生まれるのです。そしてそのことを伝えるために。」

当分、彼女にはまってしまいそうです。


■オーガニックトマト
tel:06-6444-3220
open:
月~木、土:11:30~21:30(16:00~17:00休憩)
金:11:30~23:00(16:00~18:00休憩)
日:お休み
map:★のトコ
e0106098_1722252.jpg

[PR]
by kanaria0509 | 2007-03-10 17:02