もうすぐ・・・2人目出産予定です^^


by kanaria0509
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ホテルや旅館、宿いろいろ ( 22 ) タグの人気記事

ここ数日ですっかり秋らしい気候になりましたね。今年の猛暑、本当に体にこたえました!そのおかげで秋の訪れが、これまでになくうれしい(気がします^^)

2010年8月28日(土)~9月3日(金)、夫の実家がある福岡に帰省。8月30日(月)~9月1日(水)2泊3日で大分県の久住高原に行ってきました。夫のおばあちゃん・夫のおかあさん・夫・私・娘cyanの5人。親子四代での旅ですね^^

2007年9月以来、3年振りの久住高原。娘cyanにとっては初の久住高原。どきどきわくわく。どきどきわくわく。

到着しました『久住高原コテージ』。
e0106098_22311373.jpg
この久住高原コテージは、日本自然保護協会認定の「ネイチャーイン」に選ばれている大自然を体感できる環境一体型宿泊施設。
見渡す限り広々とした高原の中にこのコテージがポツンと存在するなんとも贅沢な造り。

初めて久住高原を訪れた時、こんな雄大な景色が日本にも残ってるんだ、日本じゃないみたい。そう感じた久住高原。その時の景色、そのまま変わらず残っています。
e0106098_22321425.jpg

牛さんのんびり草をもぐもぐ。娘cyanに「牛さんだよ」と教えてあげると大興奮で「うっしーいた、うっしーいた」を連発!
e0106098_22323474.jpg

青い空って、綺麗だなあ。
e0106098_22592431.jpg

今回、コテージのお写真をあまり撮らなかったので、建物の雰囲気は前回訪問時の日記(コチラ)をご覧ください^^

ひさーしぶりの久住高原、のんびりしつつ、3日間しっかり楽しみたいと思います。

~久住高原コテージでいちばんのお気に入りは、自然との一体感を感じられる開放感あふれた露天風呂。露天風呂の記事は次回日記にて!
[PR]
by kanaria0509 | 2010-09-24 23:01 | *旅*九州
-時はずいぶんと遡り、今年の5月の日記-
e0106098_2152312.jpg


e0106098_17463778.jpg☆2008年5月23日(金)・24日(土)
夫&夫のおばあちゃん&夫のおかあさん&私の4人で春の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif

福岡県に住むおばあちゃんとおかあさん。
「体が動く間に高野山に行ってみたい」と言うおばあちゃんの希望を叶えるべく、4人での高野山行きを企画してみました*
私にとって今回で4度目となる高野山Short Trip!
ずいぶん高野山にも詳しくなってきました^^
* * * * * * * * * * * * * * * * * 
弘仁7年(816年)に弘法大師 空海 によって開創された高野山。
2004年7月7日に'大峰吉野''熊野の三山'とともに『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界文化遺産に登録され世界的に有名に。
* * * * * * * * * * * * * * * * * 

23日(金)、お昼前に新大阪駅に到着した2人をお出迎え。地下鉄で難波へ移動し、そこから南海電車・ケーブルカー・バスを乗り継ぎ、15:00少し前に高野山の街に到着。
本日のお宿は、2007年12月に夫とふたりで高野山に来た際にも泊まった(過去記事①)(過去記事②)'高野山 宿坊 一乗院'。
e0106098_16244731.jpg

本館客室の他、新館客室A・客室B・客室Cと旅館さながらの規模を誇る一乗院。
前回は「本館」に宿泊しましたが、今回は「新館」に宿泊。「新館」は後から建て増しされた建物で、旅館のように綺麗なのでお寺らしさにかけるものの、各部屋にお手洗がついているため、おばあちゃん達にはこのタイプが良いかな、と思ってチョイスしてみました*
e0106098_1631239.jpg
お部屋はこんな感じ。とても綺麗で新しく清潔で、なんというか普通に旅館にきた気分。

部屋で少し休憩した後は、壇上伽藍(ダンジョウガラン)へ。
e0106098_16375924.jpg
壇上伽藍詳細は前回日記(過去記事③)をご覧くださいナ*
e0106098_2152312.jpg

再び一乗院へもどり。お夕食は精進料理。お部屋とは別の個室を用意してくださり、そちらで頂きました。
e0106098_16434249.jpg

e0106098_16452596.jpg

e0106098_16474019.jpg久しぶりに食べた「じゅんさい」。

独特のぬめりとつるりとした食感が特徴のじゅんさいは私の大好物。

お酢でさっぱり仕上げてあった。おいしい^^*

評判の高い一乗院の精進料理。上品なだしのお味と素材そのもののお味が引き立つ丁寧に丁寧に作られたお料理の数々。ビジュアル的にもとても洗練されている。
e0106098_1656238.jpg

ゆっくりゆっくり夕食を頂き、部屋へもどる。
お風呂にはいって、22:00には就寝。おやすみなさーい。
e0106098_2152312.jpg

24日(土)6:00少し前に起床。
6:00から朝のおつとめに参加。夫とおかあさんは前の方で正座しておつとめに参加。おばあちゃんが正座はちょっとたいへんそうだったので、わたしはおばあちゃんと一緒に最後尾で椅子に座っておつとめに参加。わたし正座苦手だからちょうどよかったわ(´ー`)
「おかんおつとめの時居眠りしよった」と朝食のときに夫にばらされていたおかあさん。「目つぶってただけ」と必死で弁解してたけど・・・後ろから見てたら確かに頭揺れてましたよ^^

e0106098_17153434.jpg
おつとめの後は朝食。

夕食を頂いた部屋と同じ個室で。
e0106098_2152312.jpg
お部屋に戻って荷物まとめて、9:00前に宿坊出発。奥の院へGo!

e0106098_17225489.jpg奥の院は、高野山の二大聖地のひとつで弘法大師 空海 の眠る霊廟がある場所。
'一の橋'を渡り、『奥の院表参道』の入口へ。参道から奥の院まで片道約2km、樹齢何百年もの老杉と苔むした墓碑・石塔がところ狭しと立ち並び、厳かな独特の雰囲気があたりに漂う。
戦国時代の武将や大名、また企業や著名人の墓碑など、約20万基が並ぶ。参道から奥の院にかけては、高野山の中で最も心惹かれる場所。
奥の院詳細は前回日記(過去記事④)をご覧くださいナ*


次は金剛峰寺へ。
金剛峰寺は高野山内の多くの寺院と全国の高野山真言宗諸寺の総本山。

e0106098_17343964.jpg金剛峰寺へむかう途中あたりから小雨がぱらつき始め、気温もぐっと低くなる。山の天気は変わりやすい。

「もう来られないかも知れないから」と一生懸命歩いて少しでも多くのものを見ようとがんばるおばあちゃん。一ヶ所一ヶ所丁寧に興味を持って見てまわる様子に、連れてきてあげられて本当によかったと思った。

行きたかった場所はほぼまわり終え、高野山の旅はおしまい。
大阪へもどり、我が家で1泊ゆっくり泊まっていってもらってから、おばあちゃんとおかあさんは福岡に帰っていきました。楽しんでもらえてよかった^^
[PR]
by kanaria0509 | 2008-09-18 20:31
e0106098_19584728.jpg

e0106098_2152312.jpg

前回日記の続き072.gif
*****************************
2月2日(土)・3日(日)、お友達と7人で伊勢&鳥羽へ1泊旅行
<INDEX>
1.おかげ横丁&伊勢神宮(過去記事)
2.戸田家【スーペリアスイートルーム&温泉】(過去記事)
3.戸田家【海の幸たっぷり☆の夕食】(←今回の記事はコチラ)
*****************************


e0106098_2001241.jpg
お食事は、お部屋とは別の個室で。
まずはビールで乾杯068.gifビール瓶のラベルに伊勢海老が描かれていてびっくり(☆゜o゜)へぇ!!こんなのあるんだなぁ。


おいしそうなお料理がぞくぞくと運ばれてくる。わー見てるだけでほっぺたが落ちそう。
伊勢海老のお刺身(左の一番上)、ぷりっぷり新鮮で甘みがふんわり。舌の上でとろぉっととろけてしまいそうに柔らかい^^
e0106098_20164327.jpg



e0106098_20101652.jpg
しいたけに隠れてちょっと見えにくいですが、やわらかくって新鮮な松坂牛。じゅっと軽く焼いて頂きました。


e0106098_2083427.jpg
伊勢海老モチーフがどかんとくっついた器。ん??なんだろぅ??





蓋をあけてみると・・・わ(☆゜o゜)中にも伊勢海老が丸ごと一尾^^




こちらのパンと一緒に頂きマス。うふ。ちょっと洋風ね。伊勢海老の旨味がぎゅぎゅぎゅっと詰まったスープ、なんておいしいのでしょう。



e0106098_208445.jpg
こちらは釜飯。
「火が消えた後も20分ほど蒸らしますので、お声掛けするまであけないでくださいね」とのことで・・・早く食べたいけどガマンガマン。



「どうぞぉ、お召し上がりください」
わーい!ぱかっとあけるとふわぁっと香ばしいかおりの蒸気が立ち込める。よーく混ぜて混ぜて。おいしそうなおこげがいっぱい。




お茶碗によそっていただきまーす。


e0106098_20181321.jpg
もうパンパンにお腹いっぱいだけど、でもデザートははいっちゃう。
ムースとフルーツで口の中もさっぱり*^^*


お夕食の後は、再び温泉へ。今度は1階の大浴場へgo!
お風呂の後は男性陣のお部屋に集まって二次会!ビール&梅酒で乾杯068.gif
お菓子もいっぱい用意して、なんやかんやで夜中2時前までみんなでおしゃべりおしゃべり。さすがに眠たくなってきたので解散。。。お部屋にもどっておやすみなさーい。


朝、またまたお風呂へ。気持ちの良い風とあたたかいお湯ですっきりさっぱり目が覚める。

e0106098_20242333.jpg
朝食のお写真もチョコットだけ。寝不足食べ過ぎの体に湯豆腐が心地よくしみる。


朝食後はお部屋でちょっとゆっくり。10;00にチェックアウト。うーん、お宿を満喫で大満足!

それではお次は。鳥羽水族館にむかってgo!
[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-21 21:15
e0106098_1817355.jpg

e0106098_2152312.jpg

前回日記の続き072.gif
2月2日(土)・3日(日)、お友達と7人で伊勢&鳥羽へ1泊旅行。
おかげ横丁と伊勢神宮をまわり(過去記事)、本日のお宿'戸田家'に到着。
'戸田家'は『プロが選ぶホテル旅館100選』に毎年上位ランクインするお宿。カナリ期待が膨らむ膨らむ(*´∀`*ฺ)ノ

お部屋にはいってみると。わ-ひろい。部屋が3つもあってしかも窓からは美しい鳥羽湾が一望できる。わ(☆゜o゜)すごいすごーい。


e0106098_18151981.jpg
宿の予約は幹事のWくんがしてくれてたので知らなかったのだけど、今回宿泊したお部屋、なんとスーペリアスイートルームだったのデス。

お部屋の間取りと共にお写真公開するとこんな↓感じ^^!


戸田家 嬉春亭スーペリアスイートルーム
e0106098_1817427.jpg

このお部屋は女性4人で利用。4人でこんな広いお部屋なんて素敵だなっ
お隣の男性3人のお部屋もちょっと間取りは違ったけど同じくスーペリアスイートルーム!いやぁ、贅沢ですネ☆
ウェルカムデザートを頂きつつ館内の案内を聞いた後は、楽しみにしていた温泉へ。夕食前にゆっくり温泉つかりたくって、はやめの時間にcheck inしたの。
1階の大浴場の他、3階に24時間利用できる露天風呂と貸切風呂がある。3階のお風呂は景色を楽しめるよう海に隣接した露天になっているため、自然保護の目的で石鹸等が使用禁止。
4人で相談して「夕食前は露天であったまって、夕食後に1階の大浴場だったら石鹸使えるからそっちはいり行こう」ということに。let's Go!


e0106098_18222366.jpg
3階露天風呂へは履物を履き替え、屋外へ出て移動。木々に覆われ、風情のあるライトアップ。





少し歩くとまずは足湯処が見えてくる。







美しい緑につつまれのんびり足湯が楽しめる。

e0106098_1824153.jpg
その先の石段を数段のぼると・・・奥が露天風呂。


e0106098_18245137.jpg
#露天風呂のお写真は戸田家HPから拝借#
緑に囲まれた景色の中、ほっと体が温まる。
左奥の3つの鉄釜もお風呂なんだけど・・・なんだかなんとなくはいりづらいよなあ。みんなそう思うのか誰もはいってなかったよ。
こちらの露天風呂は24時間利用できる。すごい!


露天風呂の他、無料の貸切風呂がいくつか。貸切風呂は予約不可で6:00-24:00の間利用できる。

e0106098_1827770.jpg
夕食前の時間は、ほぼ全部使用中だったけど、朝イチ来て見たらほとんど全部あいてた。
すいてる時間をねらうとお好きなお風呂がチョイスできていいかも-。


お風呂でぽかぽかに温まり、さっっお待ちかねの夕食をいただきましょうか。



[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-17 16:45
2007年12月22日(土)・23日(日)夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif
前回日記(↓)の続き072.gif
1.高野山~女人堂・徳川家霊台・大門・壇上伽藍・金剛峰寺・奥の院(過去記事
2.高野山~宿坊'一乗院'(過去記事
e0106098_2152312.jpg

お待ちかねの夕食。料理に定評のある一乗院の精進料理に期待が膨らむぞっ^^!
e0106098_23402990.jpg

お部屋に用意して頂いた精進料理。 わぁ☆すごい品数。豪華だなあ、どれから食べよう??
e0106098_2345732.jpg

上品なだしのお味と素材そのもののお味が引き立つ丁寧に丁寧に作られたお料理の数々。
おいしいなあ。


e0106098_23452165.jpg
「わ☆茶碗蒸しだ」
スプーンですくって食べてみたら・・違う、やまいもだ。
そっか。卵は精進料理では食べられないもんね。色々な工夫でお料理のバリエーションを広げているのだなぁ、と感心。

煮物。
もみじをかたどった生麩、たけのこ、そして'くわい'。
関西では見かけるくわい。私は、両親が関西出身だから小さい頃から知っていたが、福岡出身の夫は「食べたこと無い」と言う。名古屋でも殆ど見かけない。関西独特の食べ物なのかしら。
お正月、うちの実家のおせち料理のくわいを食べた妹のだんな様(香川出身)が、くわいのひゅっとのびた芽の部分を残してたのをふと思い出し、うちの夫(福岡出身)を見てみたら、同じように芽を残してた。わたしは芽も食べちゃうんだけどどうするものなんだろ??

天麩羅。
衣がさっくさっくでとてもおいしい。天麩羅までメニューにあるなんて、すごいなぁ。
揚げ物があるとお料理全体のバランスがきゅっと引き締まる。


17:30から食べ始めたので、ゆっくりゆっくり食べても、食べ終わりはまだ20:00。その後はお風呂に入りなおし、高野山の本をぱらぱらっと読んで22:00には就寝。う-ん健康的な生活だ。

e0106098_2152312.jpg

朝。6:00少し前に起床。
6:00から朝のおつとめに参加。本堂はしんしんと寒く、ガスストーブがしゅんしゅん燃えている。なんだかなつかしい匂い。
おつとめは30分少々で終わり。お部屋に戻るとお布団が片付けられており、夕食と同じくお部屋に朝食の準備をしてくださる。
e0106098_23454042.jpg




e0106098_23455698.jpg
お部屋で朝ごはんを食べる、の図。ちなみに夕食も同じくこんな感じで頂いた。

部屋にぽつんと2人離れて向かい合って食べるお食事は、なんだか新鮮。
でも、この姿を見たら・・・きっとちょっと変な感じなんだろうなぁと思う。

ふと。
この台を何セットか持っていたら。家に大きなテーブルがなくってもお客様の人数に合わせておもてなしが出来るなあ、なんて思った。
お☆けっこういいアイデアかも。

朝食を終えた後は『阿字観』体験へ。


[PR]
by kanaria0509 | 2008-02-03 22:08 | *旅*高野山
e0106098_0155047.jpg

2007年12月22日(土)・23日(日)夫とふたりで冬の高野山へ1泊2日のShort Trip060.gif
前回日記の続き072.gif

本日のお宿'宿坊 一乗院'に到着。


e0106098_0215754.jpg
本館客室の他、新館客室A・客室B・客室Cと旅館さながらの規模を誇る一乗院。
宿泊プランも多様でお部屋タイプとお食事タイプ別に2人利用だと一泊2食(精進料理)で10,000円~17,000円/1人くらいのお値段。
新館は、部屋にお手洗付。さらに新館の一番よい部屋だと部屋に浴室もある。
本館は、お手洗い・お風呂共に共同。で、お食事(精進料理)の品数により、Aタイプ・Bタイプ・Cタイプの3つのプラン有。

ほんと旅館みたいだなぁ。

わたし達は『本館プランBタイプ:休前日13,000円/1人』をチョイスしてみた。



e0106098_022108.jpg


その庭園の美しさが名高い一乗院。
なるほどすばらしい、手入れの行き届いた庭園にうっとり見惚れてしまう。


e0106098_023195.jpg



e0106098_0255554.jpg
お庭の池にはたくさんの鯉。

そうそう、ちょっと面白かったのが。
到着した日の夕方眺めていた時は優雅に泳いでいた鯉kunたちが、次の日の朝眺めてみたら、少し深く掘った穴のような場所があって、みんなそこに集結してた。

なんで?なんで?なんかの会議^^??




e0106098_028274.jpg
こちらが今回宿泊したお部屋。わ(☆゜o゜)コタツだ。冬だなあ。

お部屋に関して言えば。
秋の訪問時に宿泊した'普賢院'(過去記事)。たまたま角部屋だったからかも知れないが、たっぷりニ間ある上に窓が大きく窓際にほっとくつろげる空間があったのがとてもよかった。
普賢院はちなみに一泊2食(精進料理)で9,500円/1人。
精進料理のボリュームの差や全体の設備など他にも色々あるのでお部屋だけで値段比較は出来ないけど、一乗院はやはり有名な分チョット割高な値段設定なのかもな、と思ったりした。


e0106098_0292677.jpg
院内をあちこち見てまわる。
風情のあるお座敷がいくつも。さすが歴史ある寺院だなあ。
そうそう。すごいと思ったのがお風呂。旅館のような広くて清潔なお風呂にたくさんの柚子が浮かべてあり、ほんのり良い香りのお風呂が楽しめた。あまりに気持ちよかったので、夕食前に一度、夕食後にもう一度はいっちゃった!


e0106098_0304999.jpg


さぁ、お風呂でしっかり温まって、お待ちかねの夕食をいただきましょうか。


[PR]
by kanaria0509 | 2008-01-29 22:31 | *旅*高野山

Tokyo DisnySea HOTEL MIRACOSTA

e0106098_8312124.jpg

e0106098_10374875.jpg

前回日記の続き072.gif
TDSに訪れたこの日(過去記事)、リストランテ・ディ・カナレットでlunch(過去記事)を終え、15:00ちょっと前にホテルミラコスタにchek in。
~トップ画像はミラコスタロビー 吹き抜けになっていて迫力あるガリアン船が中央に 素敵すぎ!~

e0106098_8471949.jpg
TDSにはミラコスタと直結の出入り口があり、とっても便利に行ったり来たりできる。chek inをすませ、お部屋にGo!

去年泊まった際(過去記事)はアメリカンウォータフロント向きのお部屋で窓からの景色はタワー・オブ・テラーやSSコロンビア号。夜は窓からキラキラのイルミネーションが眺められてとても美しかった。


今回はポルトパラディーゾサイド、窓からショーが見える向きのお部屋を予約。お部屋からの景色どんなかなぁ、わくわくしながら部屋へむかう(*´∀`*ฺ)ノ

e0106098_8553849.jpg
お部屋到着。
窓から景色を見てみると・・
わぁ、すごい!すごいすごい!

ちょうどメディテレーニアンハーバーの中央のところでイベントをやっていて、ばっちり鑑賞できちゃった。


e0106098_924257.jpg
そうそう。TDSの夜のショー’ブラニッシーモ’はメディテレーニアンハーバーの水上で行われるのだけど。
窓から視線をくくっとそちらの方へむけてみると。うん、ショーもお部屋から鑑賞できそう。うれしいな-☆☆


お部屋。重厚で落ち着いたインテリア。こんな寝室がいつか・・欲しいなあ(〃ー〃)
e0106098_94220100.jpg

のんびりしたら、再びTDSへgo!まだまだ楽しまなくっちゃね072.gif

ちなみに。ホテルミラコスタの正面エントランスはこんな感じ。白亜の大理石がとても美しい。エントランス正面には噴水もあり雰囲気最高。
e0106098_9494170.jpg


e0106098_10374875.jpg

もひとつだけおまけに(*´∀`*ฺ)ノ

e0106098_1023837.jpg
ホテルミラコスタ内には'ミニリザ・サンドリー'という日用雑貨やアメニティーグッズを揃えた雑貨店がある。
こちらでペットボトルの飲み物や軽食類、洗顔用具やバンドエイドなどちょっとしたものが購入できてとっても便利デスヨ。



[PR]
by kanaria0509 | 2007-12-28 23:37 | *旅*東京Disny Resort
e0106098_12335814.jpg

e0106098_10374875.jpg
2007年10月28日(日)・29日(月) 夫とふたりで高野山へ1泊2日のShort Trip♪
<インデックス>
1.奥の院(過去記事)
2.高野山名物’焼き餅’(過去記事)
3.金剛峰寺・壇上伽藍(ダンジョウガラン)(過去記事)
4.宿坊'普賢院'(過去記事)
5.精進料理-宿坊'普賢院'の夕食&朝食(今回の記事)

◆高野山MAPはコチラ
e0106098_10374875.jpg

16:00宿坊に到着。お風呂にゆっくりつかり、18:00からお夕食を頂きました♪
宿泊の部屋のお隣の個室に精進料理を2人分セットしてくださり、静かにのんびり2人っきりで夕食。てっきり大広間で食べるのだと思っていたので、個室でとってもうれしい。


e0106098_12455249.jpg
お夕食の'精進料理'

お肉・お魚を使わないで、こんなに多様なしかもおいしいお料理ができるものなのですね。

ちょっとした旅館(っていう表現も失礼ですが・・^^;)の夕食よりずっと豪華で美味。


e0106098_1246445.jpg

高野山名物胡麻豆腐、野菜の煮付けと高野豆腐、生麩田楽、秋の味覚キノコ、刺身こんにゃく
なんだか芸術品みたいだなっと思いながら頂きました。
胡麻豆腐・田楽はとてもやわらかく、野菜は噛むごとに素材の味が口の中に広がり、一品一品「そのお料理の良さ」が感じられる。


e0106098_1253721.jpg
お吸い物。
ものすごくしっかり出汁のお味がきいていて、思わず「おかわりください」って言いそうに・・・・^^;
ほんとそれくらい感動的においしかった。

言ってみたらもらえたかもな・・・

甘く煮付けた栗。
栗食べてたら夫がぷうぅっとなんだか不満そうな顔してこっち見てる。
「どうしたの??」って聞いたら「kanaの栗の葉っぱだけ紅葉してる」
夫の栗に添えられているもみじを見てみたら、まだ青々としたもみじ。なるほど・・・・いろんなとこ良く見てるね( ̄-  ̄ )


e0106098_1344544.jpg
こちら、朝食の'精進料理'
夕食と同じく個室で頂く。朝のおつとめの後だったので、あたたかいお味噌汁がおいしかった。

朝食後、お部屋に戻ると・・びっくり!布団が片付けられている。なんて行き届いたサービスでしょう。


8:00頃宿を出発し、再び奥の院表参道を目指す。
e0106098_139411.jpg

昨日行ったばかりだが、朝の人の少ない時間にゆっくりじっくり静かにあの道をもう一度歩いてみたかったの。朝の澄んだ空気が気持ちいいなぁ。
昨日は賑わっていた水向地蔵前、いまは誰もいない。しんと静まり返ってる。奥の院 弘法大師御廟到着。わたしたち以外誰もいない。精神統一して・・・合掌。

その後、霊宝館、壇上伽藍(ダンジョウガラン)金堂へ。金堂では昨日ははいらなかった境内にはいる。金堂の境内には「胎蔵界曼荼羅」「金剛界曼荼羅」がある。

街の中心部にもどって、バスに乗って高野山駅へ。駅の売店で柿の葉寿司を購入。


e0106098_13154852.jpg
12:00発のケーブルカーに乗り込む。南海電車に乗り換え大阪へ。車内で柿の葉寿司を食べ、旅も終焉。

あっという間の2日間の旅。でも充実した旅だったなあ。


ケーブルカー高野山駅にてパチリ。さようなら高野山、また来るね。
e0106098_13174639.jpg

[PR]
by kanaria0509 | 2007-11-05 13:18 | *旅*高野山
e0106098_10415756.jpg

e0106098_10374875.jpg
2007年10月28日(日)・29日(月) 夫とふたりで高野山へ1泊2日のShort Trip♪
<インデックス>
1.奥の院(過去記事)
2.高野山名物’焼き餅’(過去記事)
3.金剛峰寺・壇上伽藍(ダンジョウガラン)(過去記事)
4.宿坊'普賢院'←今回の記事はコチラ
5.精進料理-宿坊'普賢院'の夕食&朝食

◆高野山MAPはコチラ
e0106098_10374875.jpg

奥の院・金剛峰寺・壇上伽藍をひととおり回り、本日のお宿である宿坊'普賢院'に到着したのは夕方16時頃。
'普賢院'は、高野山の街の中心地に位置するため(上記MAPでいくと真ん中あたりに掲載されている「中央案内所宿坊組合」の2つ上のお寺)、拠点にするにはとても便利。高野山の宿坊でおそらく一番有名であろう'一乗院'の斜め前にありマス。


e0106098_10581943.jpg
「宿坊ありますよ」と知らなければ、この奥に宿泊できる場所があるなんて想像もつかない、どこをどうみても’お寺’な門構え。

=お寺なんだから当たり前か(☆゜o゜)=

高野山の宿坊はどこもすべてそんな感じ。

e0106098_114249.jpg




門をくぐると、ひろーい空間。
高野山の街全体も厳粛な独特の雰囲気が漂うけれど、それ以上に厳かななんだかぴりっと引き締まった神聖な空気が流れているように感じる。


左奥に受付がありました。
e0106098_1054013.jpg



e0106098_10553272.jpg
お部屋までの長い廊下から見える美しい庭。



こちら↓が本日のお部屋。
二間あって想像よりずっと広くってびっくり。
e0106098_10542050.jpg



お手洗い・お風呂・洗面所は共同だったけど、どれもとても清潔で綺麗でした。
1泊2食(精進料理)で9,500円/1人。

お食事はお部屋とは別の個室に用意をしてくださり、お布団の上げ下げもしてくださいました。


この後、お夕食前にお風呂にはいり18:00から夕食。(夕食の精進料理は次回日記にて☆)
19:00過ぎにお部屋にもどる。
外は真っ暗でしんと静まり返っている。こんな静かな中に身を置くのってものすごく久しぶり。本を読んだりのんびり過ごして22:00前に就寝。おやすみなさーい。

そして次の日。朝6:00起床。普賢院本堂での朝のおつとめに参加。
本堂はひんやり薄暗くろうそくの灯りがゆらゆらゆれ、低い声のお経が響く。

密教の本尊である『大日如来』、密教では最高至上の絶対的な存在でもある。
-大日如来について---
大日如来は、宇宙の全ての生きとし生けるものがそこから生まれてきた源。
全てのものを生かし、また全てのものがそこにかえっていく宇宙の根源的な大生命で、宇宙の真理そのものである。
宇宙の法則を自らの体として永遠に真理を説き続ける大日如来の働きを『法身説法』と呼び、それを擬人化して示すのが『曼荼羅』なのである。
------------
これが真言密教の世界観。わたしは実はずっと『曼荼羅』とは何なのか?がいまいちピンときてなかった。
「曼荼羅は、宇宙をあらわしているんだよ」って言われても、うーん分かったようで分からない・・なんかこうストンと落ちない。
でも今回、大日如来とは?から順を追ってみてやっとストンと落ちた。ふぅ、なんだかとってもすっきり(^ー^)

ちなみに。2日目に訪れた霊宝館。
貴重な文化財の中より一部を公開しており、この日は秋期企画展として「仏に祈りをこめた法具」が開催。
昨日聞いた『三鈷の松(サンコノマツ)』の言い伝えの「三鈷(サンコ)」、そして空海が唐の浜辺で三鈷を投げる場面の絵巻物が展示されていた。
真言密教についても説明なんかの資料も多数あり、せっかくならぜひ寄ってみてほしい場所です。

と。話を朝のおつとめに戻してっっと。

この日、普賢院に宿泊していたのは私たちの他には、年配のご夫婦が一組と女性の方がおひとりの計5名。日曜日に宿泊したせいなのかすいていて静かでよかった。

ちなみに夫が8月後半の土曜日に一人で高野山の宿坊に泊まった際は、ちっちゃな子を連れた家族連れがいっぱいでおつとめの時も子供が泣くわ走るわでたいへんだったらしい( ̄-  ̄ )
[PR]
by kanaria0509 | 2007-11-04 10:55 | *旅*高野山

奈良ホテル(奈良県)

e0106098_21192810.jpg

少し前の休日、夫と2人で久しぶりに奈良へ。近鉄奈良駅で電車を降りて興福寺五重塔の横を通り、
e0106098_2159278.jpg

まずはのんびりと奈良町をぶらぶら*^^*
・・・奈良町(ならまち)は、奈良駅から10分ほど歩いたところにある伝統建築群地域。江戸・明治・昭和前期の町屋が立ち並ぶ。わたしの大好きな'豆腐庵こんどう'(過去記事)もこの奈良町にありマス。
e0106098_2129291.jpg



奈良町のお店や民家の玄関先で頻繁に見かける、吊り下げられた赤いモノ。
「なんで奈良町のさるぼぼは海老反りしてるんだろぉ??」って不思議に思っていたのだけど(←失礼な誤解ですよね・・ホントにごめんなさい)、そもそも’飛騨のさるぼぼ’と奈良町のコチラは別物らしい。
e0106098_2131356.jpg
奈良町のコチラは「身代わり申(サル)」。
そのルーツは敦煌にありシルクロードを通って奈良にきたのではないかと注目されている。
魔除けを意味し、家の中に災難が入ってこないように吊るし災いを代わりに受けてくださることから「身代わり申(サル)」。

◆庚申(かのえ・さる)
十干(甲乙丙・・)と十二支(子丑寅・・)の組合せで、昔は月日をこう読んだ。その組み合わせは60通りあり、60日に一度巡ってくる。
◆江戸時代の言い伝え。
人の体の中に三尸(サンシ)の虫がいて、庚申の日の夜に人が寝ている間に体から抜けだし、天帝にその人の悪事を告げにいく。 その報告により寿命が決まるため人々は60日に一度巡ってくる庚申の日は、寝ずに「庚申さん」を供養したという。
~徹夜の習わしはなくなったが、身代り申をつるし庚申さんをまつる信仰は今も奈良町に息づいてる~


そうだ。そういえば以前におばあちゃん・叔父さん・お母さん・夫・私で豆腐庵こんどうで食事をした時に、叔父さんがそう教えてくれたのを思い出した。。。すっかり忘れちゃってた。情けない・・^^;;


奈良町をぬけて、次に向かうは奈良ホテル。
「久々にゆっくりお食事したいね-」ということで奈良ホテルのレストラン目指して歩く歩く。
もうかれこれ4年ほど前だけど、おばあちゃんお母さんと一緒に泊まった奈良ホテル。創業明治42年。2009年には、創業100周年を迎える伝統あるホテルなのです。
e0106098_2244129.jpg

到着☆
本館1階のフレンチレストラン「三笠」でランチをと思っていたのですが、あいにく満席。ちょっと待とうかな・・・とも思ったのだけどこの後お寺をまわりたかったので、時間短縮のため今日はあきらめることに。(「奈良ホテル」っていうタイトルの日記なのにこんな結末でごめんなさい^^; 外観だけでもご紹介したくって.......)


e0106098_22191543.jpg
奈良町からも東大寺からも便利な場所にある奈良ホテル。

奈良観光の拠点にお勧めデス♪


e0106098_22351842.jpg


○奈良ホテル
住所:〒630-8301奈良県奈良市高畑町1096
TEL:0742-24-3011
HP:コチラ


[PR]
by kanaria0509 | 2007-10-19 22:15